012/200

三宿でおいしいお鮨屋さんに連れて行っていただきました!
貸切で伺ったのは、「三宿の寿司 えん」。

R0025693


場所は、池尻大橋と三茶の間くらい。こちらの暖簾が目印です。
R0025660


広いカウンターをみんなで貸切るという贅沢。
R0025663


カウンターには雲丹が…。これは気になる。
R0025665



R0025664


早速、日本酒での乾杯からスタート。
R0025669


おまかせコースは、九絵のお刺身から。
R0025671



R0025673


続いて、大将がカットしているのは鮟肝の塊。
R0025676


鮟肝と煮牡蠣を堪能。鮟肝はねっとりとした舌触りがたまらない…。
日本酒との相性も抜群。
R0025679


R0025681


続いて、熟成したクジラの尾の身。これは初めての味わい。
R0025683


どんどんお酒が進んで、次の日本酒はこちら。
R0025685


鰆は藁燻しでいただきます。
R0025686


上品なお出汁の味がしっとりと染みています。
R0025687


なめこと長芋のお浸し。
R0025688


茶わん蒸しは、焼き白子を使って。ポン酢あんかけで熱々、さっぱりといただきます。
R0025692


目の前で大将の包丁さばきを眺められる、特等席。
R0025693


身がふっくらとしたキンキは、塩焼きでいただきます。
R0025698


お酒は、勝駒。
R0025700


R0025701


握りは、真鯛からスタート。
R0025704


ねっとりとした甘海老は昆布〆で。
R0025709


濃厚な味わい、たまりません…。
R0025710


アオリイカ糸造り。弾力ある食感ですが、糸づくりなので繊細さも感じます。
R0025711


R0025712


コリコリ食感の赤貝。しっかりと貝の味わい。
R0025713


続いて、小肌。表面に板昆布を添えて。
R0025716


カワハギは肝入りで、とってもリッチ。
R0025718


大トロと中トロは2枚重ねでいただきます。
こんな贅沢な食べ方、初めてかも!
R0025720


そして、気になっていた雲丹。
R0025731


馬糞雲丹の手巻きです。
R0025737


豪快にかぶりついて、口いっぱいに雲丹の幸せを感じます。
R0025738


定番の日本酒もずらり。どんどんお酒が進んじゃいます。
R0025743


玉子に、
R0025747


セイコガニとイクラの小鉢。これまた日本酒泥棒。
R0025748


R0025750


握りの最後は、穴子で。上品なタレの味わいとふっくらとした身。
R0025752



R0025753


握りもつまみもどれも美味しく、ついつい日本酒を飲みすぎちゃいました。
アットホームな雰囲気なので、カジュアルにお鮨が楽しめて色々なシーンで重宝しそうです。

また、ゆっくり遊びに来ます。
ごちそうさまでした!

三宿の寿司 えん寿司 / 池尻大橋駅三軒茶屋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3