012/200

銀座にまたひとつ、素敵なお店がオープンしました。
今までのインド料理の概念を覆すようなレストラン、「SPICE LAB TOKYO」。

R0011030


ビルの10階に位置するこちらのお店。
エレベーターを降りた瞬間に広がるラグジュアリーな空間です。
R0011121


シックで落ち着いた店内に、鮮やかなブルーのお皿が映えます。
R0011119


R0011120


R0011118


店内を眺めているだけでもうっとりしちゃいますね。
R0011030


この日は特別にこの大きなテーブルセッティングをしていただきました。
R0011031


R0011032


まずは泡で乾杯。
R0011039


コースはベジタリアンとノンベジタリアンが選べますが、
この日はノンべジをチョイスしました。

最初の一皿は、ひよこ豆ボールに3種のチャッツネを合わせたもの。
R0011042


チャコールココナッツ、トマトクミン、アヴォカドコリアンダーの3種の味を楽しみます。
R0011045


続くのは、バターナッツのスープ。
R0011052


バターナッツには味噌やトリュフオイルを合わせ、風味も抜群。
滑らかな舌触りと濃厚なコクがたまりません。
R0011054



R0011053


クッションのように見える器に乗っているのが、一口サイズの前菜たち。
R0011065


チキンサモサやひよこ豆のケーキ、鴨もケバブなどインドらしい料理の数々。
R0011063


こちらも鮮やかな一皿。
R0011072


スパイスマリネした海老に、赤キャベツで包んだロブスター薫るライス。
さらにクミンで香りづけしたポテト、ニラと長ネギのマスタードソースと一緒に味わいます。
R0011071


ポテトはインカのめざめを使用し、スパイスの中にも甘さを感じられる逸品です。
R0011070


こちらも珍しいお料理の登場。
自然回帰竹筒で蒸し焼きにした地鶏胸肉はしっとりと仕上げられ、
そこにトリュフクリームとナッツペースト椎茸ソースを合わせます。
R0011077


R0011080


口直しには、パッションフルーツのソルベ。
R0011082


透明なスープには、トマトラッサムにロブスター。
コリアンダーやペッパーのスパイスで優しく風味付け。
R0011088



R0011085


そして、メインにお肉です。
R0011094


タンドリーチキンならぬ、タンドリーラムロイン。
サフランシチューとタンドリーナスのムースを合わせていただきます。
R0011093


お肉の上には金箔が乗せられ、インドの王室をイメージされているんだとか。
R0011091


そして、最後に登場したのはチキンのビリヤニです。
R0011102


背の高い器のたっぷり入ったビリヤニ。
R0011098


R0011099


香り高きチキンのビリヤニに合わせるのはキュウリのライタとカレー。
R0011103


そして、4 種のクルチャ。
ウニのクルチャ、ズワイガニとニラのクルチャ、チキンとチーズのクルチャ、バタークルチャ。
R0011107


いやー、なんて言うのでしょう。とにかくめちゃくちゃ美味しい…。
R0011109


雲丹のクルチャは美味しすぎて思わずおかわり。
R0011110


R0011112


最後はたっぷりのデザートをいただき、大満足。
R0011114



R0011115


とにかく、今まで感じていたインド料理とはまったく違う、
クリエイティブで斬新なお料理の数々。目で見ても楽しめます。

ランチではもうちょっとカジュアルに楽しめるので、おススメですよ。
ここはぜひまた来たいです。ごちそうさまでした!

SPICE LAB TOKYOフレンチ / 銀座駅日比谷駅有楽町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8