088/250

自由が丘ってなかなか訪れる機会がないのですが、
何やら面白いお蕎麦屋さんがあるとお誘いを頂きまして行ってきました!
鴨蕎麦 尖 (かもそば とつ)」。

IMG_9217


2016年にオープンしたこちらのお店。
自由が丘駅からは歩いて5分程ですが、入口がめちゃめちゃわかりにくいw
ここかな…と思ったらその扉を開けてみてください。

店内はカウンター6席のみ。大将がひとりで切り盛りされています。
IMG_9175


ランチ、ディナーと営業していますが、ランチは鴨蕎麦のみ。
そしてディナーはお蕎麦をたっぷり堪能できるコースです。

この日のコース、1品目は蕎麦がき。
優しい餡かけで、おなかもほっこり。
IMG_9178


続くのは、前菜盛り合わせ。
IMG_9179


蕎麦のお刺身の上には贅沢にキャビア乗せ、旬の筍はシンプルにいただきます。
大きな貝はサザエです。
IMG_9185


ボタンエビはねっとりした食感がたまりません。上には雲丹。
IMG_9183


こちらのお魚は、桜鱒。
IMG_9184


これには日本酒いっとかないと…!
ということでお願いしたら全部出してくれたw
IMG_9187


珍しいお酒を発見したので、まずはこちらからいただくことに。
華やかな味で食事にもぴったりの味でした。
IMG_9188


続いては、柚子を器にした美しい一皿。柚子釜というらしいです。
IMG_9198


雲丹、イクラの下にはお蕎麦が隠れているんです。
しかもこれが温かいお蕎麦で、雲丹の甘さも際立ちます。
IMG_9196


さらに日本酒は、山本を。
IMG_9199


続いて、揚げ物。
IMG_9200


ズワイ蟹を生湯葉で巻いて、カラッと揚げた逸品。
口に入れた瞬間のサクサク感と後から感じる蟹のほわほわ感が楽しい。
IMG_9202


日本酒がもう止まりませんw
IMG_9205


メインのお肉は炭火で低温調理した鴨ロースと、燻製したした鴨のモモ肉。
IMG_9207


鴨と燻製ってどうしてこんなに相性いいんでしょうね。
添えられた薬味で一味も二味も違った楽しみ方ができます。
IMG_9206


まだ日本酒を飲むわたし。
IMG_9209


IMG_9211


IMG_9212


そして最後にいただくのはもちろん、お蕎麦!
IMG_9214


玄蕎麦と丸抜きの2種類のお蕎麦を、特製のつけダレでいただくスタイル。
IMG_9217


蕎麦好きのハツとしてはたまらない〆蕎麦です。
IMG_9215


最後にデザートをいただき、おなかも満足。
IMG_9218


最初から最後まで、まさにお蕎麦尽くしのコース。
日本酒のラインナップも豊富で、飲んだことのないお酒にも出会えました。

この日はカウンター6席を貸切ってワイワイ楽しませていただきましたが、
ランチでひとりぶらり楽しんでもまた楽しいかなと。

ぜひみなさんチェックしてみてください。
ごちそうさまでした!

鴨蕎麦 尖そば(蕎麦) / 自由が丘駅奥沢駅緑が丘駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4