062/250

ずっと前から行きたかった銀座の「小熊」。
念願のハツ訪問です。

銀座のとあるビルの3階にある、こちらのお店。

IMG_6909


エレベーターをおりると目の前に広がる高級感があり、スタイリッシュな空間。
IMG_6804


ゆったり落ち着いたカウンターが8席と、個室を3部屋完備。
この日はカウンターのはじっこで、料理長を目の前にした特等席へ。
IMG_6831


乾杯はシャンパンで。
IMG_6806


お料理は旬の食材を使ったコースのみ。
この日は春を感じる素晴らしいお料理を堪能しました。
IMG_6807


先附は、山菜のお浸しの下に蛤や北寄貝が隠れています。
IMG_6808


お酒は早速日本酒をいただきます。
お料理に合わせてチョイスしていただけますよ。
ピンク色のうきうきする、こちらのお酒。見た目もカワイイ!
IMG_6812


続くのは、八寸。
IMG_6815


柔らかく煮込まれた飯蛸や白魚の磯部揚げ、真鴨のロース、筍木の芽和え、蕾菜。
どれも日本酒にぴったりのものばかり。
IMG_6820


お酒は、澤屋まつもと。
IMG_6822


鮮やかな器に入ったお造りは、
真鯛に細魚昆布締め、そして赤貝。
IMG_6828


この赤貝がとてつもなく美味しくて…!
コリコリした食感と濃厚な味、今まで食べた赤貝の中でもベストです。
IMG_6826


お酒は、新政No.6。
IMG_6829


続いては、蛍烏賊を熱々の石で石焼にしていただきます。
IMG_6837



IMG_6832


旬の蛍烏賊を目の前でさっと炙っていただくという、贅沢な食べ方。
IMG_6836


火を通すと、中から味噌がとろっと出てきて、これが日本酒に最高に合う!
IMG_6844


石の上で踊る蛍烏賊。見ているだけでもワクワクしますね。
IMG_6845


焼き物は、赤座海老の味噌焼き。
IMG_6850



IMG_6851


次に続くお酒も新政No.6。
珍しいお酒をたくさん出していただいて、ついつい飲んでしまいますね…!
IMG_6855


続くのは、炊合せ。
IMG_6856


春を感じる筍に、大好物のお麩がしっとりと。
IMG_6860


シャキっとした筍の食感とふんわりした麩がおいしい。
IMG_6859


次のお酒は、うすにごり。
IMG_6862


メインのお肉は見蘭牛というお肉。
IMG_6870


葉玉葱を添えて、美しく焼き上げられたお肉は赤ワインにも良く合う。
IMG_6864


尾長鯛は小鍋に入って登場。
IMG_6874


キレイなピンク色の鯛に、グリーンが映える菜の花。
IMG_6875


ふんわりとした身にはお出汁がしっかりと染みています。
IMG_6877



IMG_6878


そして最後の食事です。
IMG_6881


ごはんに合わせるお供は、筋海老若牛蒡の佃煮、鰰の一夜干し。
IMG_6883


土鍋で炊きあがったごはんです!
IMG_6884


たっぷり日本酒をいただいた後の胃に優しい。
IMG_6890


2杯目はおこげを楽しむ。
IMG_6895


オイルをちょっとかけて、色々な食べ方が楽しめます。
IMG_6896


3杯目は、目の前で削られる鰹節でいただきます。
IMG_6897


香り高い鰹節!
IMG_6899


それをたっぷりごはんにかけて、極上の1杯。
IMG_6905


料理長がやっとたどり着いた、極上のごはんなんだとか。
炊き方までとても拘っているからこそ、シンプルにいただくのが美味しいんですね。
IMG_6909


デザートは、小豆の雪見大ふくと花豆のコーヒー煮。
IMG_6910



IMG_6912


一足先に春を感じるお料理に、珍しい日本酒もたくさんいただけて、感激でした。
空間もホスピタリティも、もちろんお料理もさすがのプロの技を堪能させていただきました。

素敵な時間をありがとうございました。
ごちそうさまでした!

小熊懐石・会席料理 / 銀座駅有楽町駅東銀座駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8