文系か、理系か。
いつから人間はその2つに分類されるようになったのか。


IMARIHANA0I9A9411_TP_V


高校生になると、その2つのどちらに進むのか選択を迫られる。
そして私は理系を選んだ、16歳。

特に大きな夢も理由もなく、理系を選んだ。
国語と歴史が好きで、物理と地理が嫌いだったけれど、理系を選んだ。


だからなにって言うことはないんだ。
理系に行っても、文系に進んでも、きっと、今の自分は一緒だ。


でもちょっとだけ影響されているとすれば、「正解があるかどうか」。


数学や物理は、明確なたったひとつの答えがある。
ただ、答えを導き出す過程はさまざまだ。
導き出し方が間違っていたとしても、答えがあっていれば点数がもらえる。

国語や英語は、言い回しや言葉の使い方、考え方によって様々な正解がある。



ワタシは言葉が好きだ。
でも、ひとつの言葉によって一喜したり、一憂したり、
好きだからこそ、ひとつひとつの言葉を大切に思うからこそ、自分に与える影響が大きいのである。か

心穏やかに過ごしたいのであれば、
言葉なんていらない。
何にも感情を左右されずに、自分のことだけ考えて、毎日生き抜いていれば、
普段感じない感情に流されたり、押しつぶされそうになったり、しない。





最近、「正解」というものがわからない。
正解とか常識とか、当たり前とか普通とか、それってなんなのだろう、と。
考えることが多い。

自分は普通じゃないのか、
あの時、自分はどうすれば正解だったのか、
みんなが思う常識ってどれなんだ、
とか。


自分が正解だと思ってやったことも、話したことも、
相手にとっては不正解だったり。

これが数学だったらどんなに楽だろうか。
だから人間は、文系と理系のどちらかにはなれないのかもしれない。




人生の最後は、死である。
その死の瞬間に、幸せだと思えるように、人生が正解だったと思えるように、
目指す正解はひとつだけれども、その過程は様々で、自分次第。

人生は数学や物理のようなものなのかもしれない。
でも、心の中は、
国語や歴史を学んだことによって持つ、気持ちや言葉や想いでできている。


そうゆうのを学ぶのが学校なんだな、と。


今、泣いたり笑ったり、悩んだり苦しんだりしているのは、
人生の正解を見つけるための、過程なのだ。


答えを見つけるための方程式を探して、
そこにあてはまる数字や単語をちょっとずつ探していて、
「幸せだな」って思えた瞬間が、自分の「正解」であって、そのために今までがあったんだなって、思えるように。

そうやって一歩一歩前へ、進んでいくのである。
だからもう、目先のことにモヤモヤしたりクヨクヨしたりしない。


未来は、明るいのである。



そうゆう、たんなる、
ひとりごと。

今年は、おっきな花火を目の前でみたいなぁ。