034/350

麻布十番って、ジュウバンって呼ぶ派と、アザジュウって呼ぶ派がいるみたい。
アナタはどっちですか?ハツは、ジュウバン派です。

ということで、最近十番にいるとなんだか居心地がいい、ハツです。
この日、どこのお店にも入れなかったハツを快く出迎えてくれたのが、「あそこ」。

IMG_4541


カウンター8席だけ。大将がひとりで切り盛りする和食酒場。
IMG_4510


ぱっと見気難しそうな大将なんですが、話をしてみると笑顔が素敵であったかいの。
麻布十番の真ん中にいるとは思えない、この感覚。すき。
IMG_4509


最初から日本酒、いただきます。
IMG_4495


お通しは、つくねと大根。お好みで七味をかけていただきます。
これがほっこり、からだに沁みる。
IMG_4500


お料理はこんな感じ。
どこか懐かしいお料理が揃っていて、いつも迷うんです。何を食べようか。
IMG_4498


名物は、カニクリームコロッケとか、鮑、あとは〆の炊き込みご飯。
IMG_4499


いくらおろし。
Image_de1a0aa


大根おろしが全然辛くなくって、いくらの甘さも相まって美味しい!
IMG_4504


スミイカのお刺身。
IMG_4506


コリコリ食感と濃厚な味が美味しい。
IMG_4508


出汁巻きたまごをオーダーすると、大将が目の前で焼き上げてくれるの。
IMG_4512


この昔ながらの玉子焼きが大好きで。毎回必ず頼んじゃう一品。
IMG_4513


香ばしい醤油の香りとふんわりした食感、ほっとする。
IMG_4515


三重県は的矢産の生牡蠣。
IMG_4516


こんなに大きな生牡蠣!一口で食べるのがもったいないと、いつも思ってしまう。
牡蠣って、はかないなぁ。牡蠣とは儚い幸せなのである。
IMG_4517


三元豚のロースカツ。こんなメニューもあるんです!
IMG_4522


サクサクの衣に、ジューシーな豚肉が包まれています。
口に入れた瞬間の、サクッとした食感と後から溢れてくるジューシーな肉汁。
IMG_4523


〆には炊き込みご飯をオーダー。待っている間に、ちょこっとつまみを出してくれる大将。
IMG_4525


カウンターの奥で炊かれているのが、我らがオーダーしたごはん。
IMG_4527


待っている間にも日本酒をいただきます。
IMG_4529


そして、炊きあがりました!
鮭西京焼きといくらの土鍋ごはん。
IMG_4532


炊きあがったごはんの上に、別で焼いた鮭の西京焼きをほぐして、混ぜていくんです。
IMG_4534


大将が目の前で丁寧に、そして素晴らしい手さばきでほぐしてくれますよ。
IMG_4535


それをお茶碗によそり、上からたっぷりのいくらをかける。これで完成。
IMG_4543


プチプチのいくらに、しっとり炊きあげられたごはん、そして風味豊かな鮭。
IMG_4542


このご飯は絶対食べていただきたい。
前回来たときは、ごはんが売り切れだったから…、今回食べられて最高に嬉しい!
IMG_4541


普通の居酒屋と比べるとお値段はちょっと高め。
高級大衆酒場といった感じでしょうかw
でも、なんとなく来たくなってしまう雰囲気と、なによりお料理おいしいから。

こうゆう酒場に通えるようになったら、自分も一人前だなぁと思えるかもしれません。
また近々遊びに来ます。大将、いつもありがとうございます!

あそこ居酒屋 / 麻布十番駅赤羽橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6