207/250

イノベーティブ料理、フュージョン料理というジャンルってなかなか体験することがなかったのですが、
年間の予約が15分で埋まってしまうという、本当に予約が取れないお店に偶然誘って頂いて。

色々な予定の関係で一度はあきらめかけたものの、実現した奇跡に感謝。
連れて行って頂いたのは、「銀座 盡 (ギンザ ジン)」。

IMG_0411


銀座5丁目、とあるビルの6階にあるカウンター6席のみの小さなお店です。
カウンターというよりも、もう劇場のような、ステージのようなイメージ。
IMG_0382


カウンターの奥には色々な器具が並んでいるのですが、どれも美しくて美術館に来たみたい。
IMG_0385


“その日最初の予約を入れた方に合わせて一斉スタート”ということで、
出来上がったお料理を最高のタイミングでいただけます。
IMG_0386


乾杯はシャンパンをいただきました。至福。
IMG_0391


そしてお料理のスタートです。
まずは、魚のアラを塩で煮出した、お出汁です。
IMG_0389


佐藤シェフが次々と創り上げる独創的かつ手の込んだ拘りの料理の数々。
調理を眺めているだけでもワクワクです。
IMG_0392


続いて頂くのは、宍道湖で獲れたワカサギ。
IMG_0396


このワカサギをフリットにし、白いバルサミコのソースでいただきます。
薄付きの衣でカラッと、食感も楽しいです。
IMG_0395


お酒はお料理に合わせてペアリングをお願いしました。
IMG_0400


こちらは、じっくりと脂を落とした鯖です。
IMG_0402



IMG_0404


小さな小さな丼にシェフが詰めているのは何でしょうか?
IMG_0409


登場したのは、可愛らしい丼!
IMG_0411


淡路産の新烏賊に、岩瀬産の筋子を合わせていただきます。
IMG_0412


筋子は90度のブルゴーニュワインで2分間洗っているという手の込みよう。
京都の千鳥酢と、奥多摩の山わさびのソースで堪能します。
IMG_0414


お料理は魚介系が多いので、合わせるワインも白が多かったです。
白好きのハツには嬉しい。
IMG_0418


美しい器には、甘鯛をシャンパンや自家製のバター、そして帆立などと一緒に炊いたもの。
IMG_0421


下に隠れている帆立は出汁なので、食べなくていいです。
って言われましたが、もちろん食べましたw
IMG_0422


ハツはカウンターの一番奥の席だったのですが、
目の前に積み重なっているパンがずっと気になっていましたw
IMG_0398


このタイミングでパンが登場しました…!
IMG_0431


サクサクで軽い食感のパンには、自家製バターがたっぷりと挟んであります。
絶妙な塩加減で重すぎず、こんなにたっぷりのバターでも、ペロリと食べられちゃうから不思議。
IMG_0428


甘鯛やアズキハタを使った魚介のポワソン。
IMG_0434


魚介の旨味がぎゅっと詰まった、濃厚なスープです。
IMG_0436


合わせるワインはコチラ。
IMG_0439


ここでまたバゲットの登場です。
IMG_0440


隣の小さな箱の中には、先ほどの自家製バターが…!
IMG_0441


表面はパリッと焼かれ、中はふんわりと仕上げられたパンに、
絶品のバターを合わせれば、このボリュームなのに余裕で完食です。
IMG_0442


さらに、ここに毛蟹のグラタンが登場。
IMG_0446


蟹味噌まで贅沢に使い、毛蟹を余すことなく堪能できる濃厚なグラタンは、
パンにもベストマッチ。
IMG_0445


カウンターの奥から香ばしい香りが漂ってきたと思えば、
手渡しされたのは、北海道の本ししゃもと芽葱を海苔で巻いたもの。
IMG_0448


そしてワインはこのタイミングで初めて赤をいただきました。
IMG_0450


可愛らしいグラスの器で頂いたのは、京都産トマトのカッペリーニ。
IMG_0453


セロリの風味と食感も楽しい、さっぱりといただくカッペリーニです。
IMG_0452


そしてメインのお肉は兵庫の宍粟牛。
IMG_0458


部位はバルシンというところだそうですが、ハツは初めていただきました。
添えてあるのは赤茄子。
IMG_0459


まだまだ、赤をいただきます。
IMG_0460


ごはんものは、兵庫産の穴子を白ワインで蒸したもの。
IMG_0461


ふんわりと蒸し上げられた穴子の身、たまりません。
IMG_0468


そして最後に頂いたデザートは、その美しさに驚き。
IMG_0470


ほうじ茶で作った水ようかん。甘さ控えめで上品な大人味。
IMG_0471


和菓子に合うという日本酒も出していただきました。
IMG_0477


最後には煎茶をいただき、かなりまったりしてしまいました。
IMG_0478


ひとつひとつのお料理にとても拘り、想いを込めて創られているんだなと、
シェフと会話してとても強く感じました。

敷居が高いお店かと思いきや、とても居心地が良く、
それはシェフの人柄なんでしょうね。

通いたくなる常連さんが多いのも納得でした。
素敵な時間をありがとうございました。

銀座 盡イノベーティブ・フュージョン / 銀座駅有楽町駅日比谷駅
夜総合点★★★★ 4.0