072/250

本場パリの雰囲気が味わえるところがお気に入りのフレンチビストロ、
ル・ブール・ノワゼット トウキョウ 銀座三越店 (Neo Bistro Le Beurre Noisette TOKYO)
に久しぶりに行ってきました!

IMG_8970


銀座三越の12階、高級な雰囲気漂うレストランフロアにあるこちらのお店。
IMG_8923


高級感がありながらも、カジュアルさも感じられ、そうゆうところがパリっぽくて好き。
IMG_8929


店内は50席ほどでお昼からお客さんでいっぱいです。
IMG_8930


まずは泡で乾杯!お昼から飲めるって本当に幸せ。
IMG_8934


IMG_8933


この日は、ランチからフルコースをいただいちゃいました!
まず1品目は、「パルメザンをまとったオリーブのパイ」。
IMG_8936


パルメザンチーズの衣がついたサクサクのパイに、さらにチーズを乗せていただきます。
IMG_8937


続いて、「鮪のタルタル エピスの薫る胡瓜のまろやかなクリームソース」。
IMG_8939


アボカドと鮪という相性抜群の組み合わせに、胡瓜のクリームソースを合わせるという斬新さ。
IMG_8941


ちょこっと酸味が効いていて、美味しかったです。白ワインにピッタリ!
IMG_8944


ワインはお料理に合わせてペアリングをお願いしました。
最初はコチラ。
IMG_8949


軽くトーストされたバケット。オリーブオイルとともに。
IMG_8946


続いてのお皿に合わせて選んで頂いたワイン。エチケットがカワイイ!
IMG_8950


香りが立つように、大き目のグラスでいただきます。
IMG_8951


合わせるお料理は、「ウフ・ムーレット クレソンのヴルーテとコロナータのアンサンブル」。
メニュー名見てもどんな料理なのか全然想像付かないw
IMG_8952


ウフ・ムーレットというのは、ポーチドエッグを落としたフランスの郷土料理なんだとか。
ヴルーテというのは、ルーをブイヨンで伸ばしたもので、ポタージュのようなスープのようなお料理です。
IMG_8954


なので、クレソンのスープにポーチドエッグを落としたお料理ということですね!
とても色鮮やかでクレソンの苦味に卵の甘さが加わり、さらに添えてあるレンコンの食感が楽しい。
IMG_8956


次は、フレンチらしい逸品、
「ホタテ貝のポワレ カリフラワーのクリュとヘーゼルナッツオイル レモングラスの軽いソースで」。
IMG_8958


繊細な泡をアートのように使うフレンチが大好きです。
IMG_8962


メインのお肉料理に合わせて赤ワインをいただきます。
IMG_8964


見た目のインパクト抜群のメインは、
「タプナードを練り込んだ仔羊鞍下肉のロティー ほうれん草のソテーとグリンピースをあしらって」。
IMG_8965


このグリーンピースの量!しかも大粒でとっても存在感があります。
IMG_8967


IMG_8970


もちろんお肉も柔らかジューシー。こんなに厚さがあるのに、ナイフですっと切れちゃう。
IMG_8976


最後のスイーツは、
「チョコレートのサブレ 栗の軽いムースと濃厚なチョコレートのガナッシュとともに」。
IMG_8981


滑らかなムースにサクサク食感のガナッシュ、それぞれ全く違った食感が斬新。
甘すぎず、大人のスイーツになっています。
IMG_8979


小さなスイーツは2種類。
IMG_8982


コーヒーとともにまったり味わって、お腹も大満足。
IMG_8984


前回も今回もランチタイムの訪問だったので、次回はディナーでも楽しんでみたいな。
毎回ステキなお料理に相性抜群のワイン、ありがとうございます!

ごちそうさまでした。

ル・ブール・ノワゼット トウキョウ 銀座三越店フレンチ / 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7