197/250

今年は表参道や外苑前にちょこちょこ訪れているハツです。

多くの人で賑わう青山通りを1本奥に入った閑静な場所に、今年の8月にオープンしたフレンチが、
メイユール アヴェニール トウキョウ(Meilleur Avenir a Tokyo)」。

IMG_6628


店名の”Meilleur Avenir”は、フランス語で”最良の1日を”という意味で、お店のコンセプトは「より良い未来」なんだそうです。
IMG_6593


階段を下って地下の店内へ。
高級感の中にもアットホームな雰囲気があるから、普段使いにもOKです。

IMG_6595


店内には個室も5つあるんです。この日はメインフロアのテーブル席へ。

IMG_6597


お料理は基本コースのみです。この日は7,500円7品のフルコースをお願いしました。
まずは、手でつまみながら楽しめるアペリティフ。
IMG_6601


「ジャガイモのチュイル」はマヨネーズソースをたっぷりとつけて頂きます。サクっとした食感が楽しい!
「穴子と味噌のブランダード」はかだいふ巻きに、フォアグラにはチョコレートと七味唐辛子を合わせるというギャップが楽しい〜。

IMG_6604


この日は白のボトルを合わせて頂きました。
IMG_6605


カトラリーがクチポールだったのが嬉しい!我が家でも使っているお気に入りブランドです。
IMG_6608


まず登場したのは、極薄にスライスされたエシレバター。
IMG_6611


続いては、紅薩摩を使ったスープ。スプーンに乗っているソルベヨーグルトと巨峰を混ぜて楽しむという遊び心も忘れずに。
IMG_6618


「SANMA 2016」と名付けられた次の料理は、その名の通り秋刀魚を使ったこの季節らしい一皿。
IMG_6624


ディルの花が可愛らしい秋刀魚のポワレの上に、チーズをまぶしたカリカリの秋刀魚の骨せんべい。添えてあるグリーンは、キュウリを叩いてビネガーを合わせたソース。
さらに秋刀魚の肝のピューレも添えられ、旬の秋刀魚を余すことなく堪能できます!

IMG_6628


見よ、この鮮やかさ!普段食べる秋刀魚もシェフの腕にかかると、こんなご馳走にに変身してしまう。
IMG_6625


ムール貝に“いわいどり”のスモークを合わせ、フォアグラとトリュフのタルタルを混ぜて濃厚な味わいに仕上げた「ムール貝、いわいどりスモークのタルタル、トマトのエスプーマ」 。
IMG_6640



IMG_6643


ソースの泡にまでムール貝が味わえる、美しい一品です!
IMG_6646


続いては、見ただけでおいしさがわかってしまう一皿、「仏産キノコのフリカッセ、トリュフノーソースで」。
IMG_6652


エスプレッソカップにはコンソメスープにトリュフとライムのピールが入っています。
IMG_6650


そして、キノコの上には、大きなトリュフがどん!と乗った贅沢さ。
IMG_6653


メインの肉料理は、山形牛の黒毛和牛サガリです。
IMG_6667


添えてある野菜は、
シェフの地元の平塚薬野菜。シンプルなグリルだがとても甘さがあり、旨みたっぷり!
IMG_6664


ブイヨンに味噌を加えたソースを使って和を感じさせてくれます。
IMG_6663


IMG_6666


デセールは、繊細な作りの「和梨のシャーベットとアーモンドのムース」。
IMG_6673


食後のコーヒーに合わせて、可愛らしいミニャルディーズも。
IMG_6681


さすがはフレンチ、一口サイズなのに丁寧に作られたスイーツです。
IMG_6679


コーヒーでまったりできる時間が、フレンチの幸せを感じますよね。
IMG_6683


コースのところどころにお花が使われていて、見た目も美しいすべてのお皿に大満足。
最後にイケメンシェフがわざわざご挨拶にまで来てくれて、感激でした。

ぜひデートに使って頂きたいお店です。

Meilleur Avenir a Tokyoフレンチ / 外苑前駅青山一丁目駅乃木坂駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4