154/250

銀座のコリドー街に4月にオープンしたばかりの「銀座 奏」。
会席料理に合わせてシャンパーニュのペアリングが楽しめる、世界初の店なのです。

IMG_5008


月光ビルの2階にあるこちらのお店。ザ・銀座っていう感じのビルは入るのにドキドキしますねw
IMG_4967


赤いじゅうたんの先に、エレベーター。
IMG_4968


こちらのシックな扉が入口です。
IMG_4969


外のシックな雰囲気とはまるで違ったラグジュアリーな店内。カウンターはバーのようにオシャレ!
IMG_5076


ソムリエさんやシェフと会話しながらお料理が楽しめるカウンターは、10席。
IMG_5042


IMG_4972


オーナーさんが厳選するシャンパーニュは、200本以上もあるんだそうです。シャンパーニュにそんなに種類があったなんて、知りませんでした…。
IMG_4973


料理長の廣瀬さんはなんと女性料理長なのです!シャンパーニュに合わせた会席料理が楽しめます。
コースの構成は、先付からお椀、お造りに八寸から飯物まで全10品。

この日はコースにあわせて、シャンパーニュのペアリングをお願いしました。


まず最初に出迎えてくれたのは、「月ヶ瀬の梅原酒」とシャンパーニュを特別にブレンドした食前酒。IMG_4975


キリッとしたシャンパーニュに梅酒のとろっとしたまろやかさが加わった1杯。有田焼の器で頂く食前酒、オシャレです。
IMG_4976


合わせるシャンパーニュは、こちら。
IMG_4977


先付けには勝浦産の「鮑の柔らか煮」。上に乗っているのは、マンゴーのソースとシャンパーニュのシャーベット。
IMG_4979


スプーンの下の蓋を開けると、中には立派な鮑。
IMG_4985


コリっとした食感とウマ出汁のジュレがおいしいです。
IMG_4986


合わせて、次のシャンパーニュ。
IMG_4987


そして今が旬の「鮎」を頂きます。
IMG_4989


次は、お椀の登場。
IMG_4993


「壱岐産穴子 冬瓜椀」。ふっくら柔らかい壱岐産の穴子や姫人参が色鮮やかに盛り付けられています。
IMG_4996


隠し味にはアルコールと飛ばしたシャンパーニュが使われているんです。ここまでシャンパーニュ!
IMG_4998


さらに、グラスにもシャンパーニュです。
IMG_4999


お造りは、大間産の天然生本鮪に活〆の真鯛。
IMG_5000


新鮮なお刺身に、醤油をシャンパーニュで割った「シャンパーニュ醤油」なるものを使うのです。磯の香りとシャンパーニュという新しいマリアージュが新鮮!
IMG_5003


繊細な和食の味を壊すことなく、ちょうどいいアクセントになるお酒です。
IMG_5005


殻付き天然雲丹は、キャビアを添えて。
IMG_5007


小さなスプーンで少しずつ雲丹を味わいながら、シャンパーニュ。贅沢ですw
IMG_5008


その下にはシャンパーニュとの相性を考え、旨出汁のジュレのジュレと黄身酢を合わせているのだそうです。
IMG_5010


2種類の雲丹を贅沢に使った逸品!
IMG_5011


この日ヒットだった「イチジク旨煮 胡麻だれ」。
IMG_5017


いちじくの甘みと胡麻ダレがものすごく良く合うのです…!しっとりとした食感もおいしい。
IMG_5019


もう、何杯飲んだのかわからなくなるくらいに、飲んでおります。
IMG_5020


IMG_5023


続いては、「若鮎塩焼き 蓼酢、松茸」。
IMG_5024


苦味のある鮎は大人の味。塩加減が絶妙で、シャンパーニュにもマッチします。
IMG_5026


添えてあるのは大きな松茸!ちょっと季節は早いけれど、味はそのもの。幸せです。
IMG_5028


「シャンパーニュ八寸」と命名された一皿。
IMG_5036


「ゴールドラッシュすり流し」や「つぶ貝旨煮」、「沢蟹の唐揚げ」、苦みと酸味が丁度よい「穴子 とドラゴンフルーツ蕾の天ぷら」など見た目にも季節を感じることができる豪華ラインナップ。
IMG_5039


IMG_5031


もちろん、ここでもシャンパーニュを合わせます!
IMG_5045


IMG_5047



IMG_5048


続くお肉料理は、「黒毛和牛ざぶとんステーキ」。
IMG_5049


ここにも例の“シャンパーニュ醤油”が登場!どこまでも和食とシャンパーニュのマリアージュを追及されている廣瀬料理長の情熱が感じられますね。
IMG_5051


IMG_5052


ここで登場するのが、「フォアグラ最中」。
IMG_5055


合わせるのは、ロゼのシャンパーニュ。美しい!
IMG_5058


フォアグラにシャンパーニュって、洋なんだけど、なんとなく和の雰囲気。
IMG_5060


そして最後に大きな土鍋が登場し、絶妙なおこげが嬉しい「浅利と新生姜、玉蜀黍の炊き込み」で〆。
IMG_5070


具がたっぷり、おこげまで美味しい炊き込みご飯です。
IMG_5071


お味噌汁は、日本人で良かったと思わせてくれますね。
IMG_5065


デザートには、みずみずしい宮崎産のマンゴー。添えてあるのは、シャンパーニュで作られた「かんてん」。シークワーサーのレアチーズも口の中をさっぱりとさせてくれますよ。

IMG_5075



こんなにステキなお料理にシャンパーニュを合わせるという極上のマリアージュ。廣瀬料理長も気さくでとっても大好きなお店のひとつになりました!

またぜひ遊びに来たいです。夜はアラカルトでバーとして使えるので、2軒目にもおススメです。
ごちそうさまでした。

銀座 奏懐石・会席料理 / 銀座駅内幸町駅日比谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5