159/250

六本木駅から歩くこと数分。小さな路地裏を進むと、コギレイな和食店を見つける。
志る角 (しるかく)」。

IMG_0842


ひっそりとした通りに、明るい暖簾が現れるので目立ちます。お店につくちょっとまえに電話をして、今から入れますか?と聞くと、すんなり入れました。
IMG_0839


店内はどこか落ち着く、ちょっと高級な居酒屋風。
IMG_0875


低めのカウンター席がなんとなく居心地よい。
IMG_0851


まずは、お酒から。オススメの日本酒も揃っていて、どれにしようかな、と。
IMG_0858


たぶん、この日最初に飲んだのは、くどき上手だったと思う。
IMG_0849


そして、お料理は新鮮なお造りに、
IMG_0856


気になる和食がずらりと並ぶ。揚げ物はどこか懐かしいラインナップでどれも美味しそう。
IMG_0854


名物はごはんとお味噌汁らしいのですが、この日は辿り着けず。(たらふく日本酒飲みすぎてw)
IMG_0855


こちらはお通し。
IMG_0859


蟹ときゅうり、ワカメの酢の物。夏にはやっぱりお酢がおいしいよね。元気出る。
IMG_0860


こちらは、焼きお揚げ。特製の濃い目の醤油でこっくりといただく。
IMG_0885


この厚みは、栃尾上げかな?外はサクサク、中はふんわりでおいしい。
IMG_0884


これ、なんだったっけ。キャベツに明太子が和えてあるようなお惣菜。
IMG_0863


アッツアツで火傷しそうになるくらいの「さつま揚げ」。
IMG_0866


たっぷりの生姜にちょっと醤油をたらしていただきます。
IMG_0864


お造り盛り合わせもオーダー。
IMG_0868


色鮮やかに盛られているのは、大間の本まぐろや雲丹、ホタテや生たこのぶつなどなど。とても贅沢な盛り合わせになっています!しかも脂がのっていておいしい〜。 
IMG_0869


冷やしトマトは、氷が乗ってキンキンに冷えひえ。
IMG_0870


ブルーのお皿に真っ赤なトマト。これはフォトジェニック。
IMG_0871


お肉料理は、豚角煮をチョイス。
IMG_0872


この厚みなのにとろける柔らかさ。やっぱり角煮はほっとする。
IMG_0873


たらふく日本酒を飲む。だって、お料理がどれもおいしいから!
IMG_0878


最後に頂いたのは、大好物の椎茸。これをバター焼きで。しっとりとバターの風味が染みこんだ椎茸が最高です。
IMG_0879


お客さんはビジネス利用で使っている人が多かった印象です。ちょっとした和食居酒屋という感じなので、カジュアルで気軽に使えるからいいかもしれません。
深夜までやっているので、デートのお客さんもちらほらと。

どこかほっとする、懐かしさを感じられる和食店でした。ごちそうさまでした。

志る角おにぎり / 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4