145/250

グルメな先輩に、食事がおいしいバーがあるとお誘い頂き行ってきました!
十六公厘」。

“ジュウ ロクミリ”という店名の由来は、名物の「腸詰め」を作る際に使うミンサーの穴の直径が「16mm」だからなのですって。


IMG_0634


最寄りは駅は、牛込神楽坂。静かな住宅地の一角にあるこちらのお店。
IMG_0600


店内は、長めのカウンターとその奥にテーブル席。
IMG_0604


カジュアルなカフェのような店内ですが、本格的な中華が楽しめるのです。
IMG_0608


お酒の種類はあんまりありません。でもこの紹興酒ハイボールが気になるw
IMG_0609


ということでさっそくオーダー。これが飲みやすくて美味しかった!
IMG_0615


お料理は黒板に。日替わりメニューや中華らしい激辛料理もあります。どれも美味しそう。
IMG_0605


まず最初にオーダーしたいのは、名物の腸詰め!
薬味として添えられたネギやニンニク、パクチーや自家製の味噌と一緒に食べれば、紹興酒にぴったりのおつまみです。

IMG_0620


16mmという粗挽きの腸詰は、噛んだとたんに肉の存在感と香り高い脂が溶け出す、至福の瞬間。
IMG_0618


大好物のピータン豆腐。
IMG_0624


絹豆腐の上に、大き目にカットされたピータンがたっぷりと!とても美味しかったので、おかわりしちゃいました。
IMG_0626


ついつい手が止まらなくなる、揚げワンタン。
IMG_0629


サクサク食感がおいしいです。
IMG_0632


こちらは、ブリッとした食感の「シュウマイ」。
IMG_0633


たっぷり入った豚挽肉は、腸詰めと同じ16mmのミンサーで2回挽くことでなめらかな食感に仕上がるのだそうです。
IMG_0634


シュウマイひとつひとつがこの大きさ、このボリューム!箸で持ち上げるとずっしり重量感のある食べ応え。
IMG_0640


中華と言えば、油淋鶏。
IMG_0642


盛り付けもフォトジェニックです。カラっと揚がった鶏は絶品です。
IMG_0643


豚バラもつ炒めは、たっぷりの豚バラとニラやもやし、キクラゲなどの野菜が濃い目の味付けで仕上げられています。これは白米ほしくなる〜!
IMG_0654


IMG_0653


春雨からし煮を最後にオーダー。つるっとした食感はペロリと食べられちゃいます。
IMG_0662


来たときにはまだお客さんがほとんどいなかったのですが、帰るころには満席状態に!
さすがバーですね、夜な夜なお客さんが集うみたいです。

お料理もどれもおいしく、満足でした!いっぱい食べましたw
また来ます、ごちそうさまでした。

十六公厘バー / 牛込神楽坂駅神楽坂駅飯田橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4