119/250

ハツブログを見てくれている方々はお寿司が好きなようで、記事のランキングの上位が寿司ですw
今日もステキなお寿司屋さんをご紹介します。
西麻布にある「すし通 (すしつう)」。

IMG_7077


六本木と西麻布のちょうど間くらいにある、こちらのお店。
高級感のある暖簾がドキドキします…。
IMG_7078


静かな通り沿いから地下のお店に入ると、広々としたカウンター。
IMG_6996


12席あるカウンターと、個室がいくつか完備されているので会食やお祝いにもオススメです。
カウンターのお客さんは意外と若い人も多く、大将のファンが常連さんになっているみたいです。
IMG_6997


まずは、シャンパンで乾杯。
IMG_7000


カウンターの目の前から、大将が次々とお料理を出してくれます。
こちらのお店も、握りの前にたくさんの前菜を楽しめるスタイル。
IMG_7004


お寿司と一緒に楽しむ、生姜やワカメ、ガリ。なくなると次々に足してくれますw
IMG_7003


お料理は、雲丹の湯葉巻きからスタート。
IMG_7002


続いては、和歌山の本鮪。これが大将の名刺代わりなんだとか!
IMG_7006


50本の切り込みがとっても丁寧に入った、美しい一品。
IMG_7007


次は、真っ赤なお椀。
IMG_7010


中には、蛤のお吸い物。
IMG_7013


白く濁ったお吸い物は、しっかりといいお出汁が染みています…。
IMG_7014


驚いたのはこの大きなカラスミの塊! 自家製だそうなんですが、まるかじりするんですよ!
日本酒をちびちびと頂きながら、カラスミをちょっとずつ楽しむ、なんという大人の楽しみ方。
IMG_7016


ということで、もちろん日本酒をお願いしました。
IMG_7018


次の握りは、ボタン海老。
IMG_7021


最高のねっとり感が絶品なのです。
IMG_7022


カンパチはお刺身で頂きます。
IMG_7024


厚みがあり、脂が乗った食べ応えがあるカンパチです。
IMG_7026


珍しい、蒸した蛍烏賊の軍艦。
IMG_7028


あいなめは木の芽焼きでしっとりと。IMG_7032



IMG_7030


艶やかな、コハダ。
IMG_7033


IMG_7036


温かい器には、鰆のキノコ餡かけ。
IMG_7039


とろみのあるきのこの餡が、シンプルな鰆に良く合います。
IMG_7038


目の前で切られているのは、
IMG_7040


青森産の帆立です。
IMG_7044


この厚み!シャリが見えないくらいにたっぷりです。
IMG_7043


日本酒がどんどん進んでしまう。
IMG_7046


真鯛はトマトと一緒にサラダ仕立てで。
IMG_7047


絶妙に火が通って甘みが増したのどぐろ。昆布締めにされているものを、さらに塩焼きしています。
IMG_7048


こちらも美しい、鮪の漬け。
IMG_7056


この曲線がたまらないですね…。
IMG_7058


天ぷらも楽しめます。この日はキスの天ぷらを。
IMG_7060


それに続くのは、金目鯛の昆布〆。
IMG_7065


タレをかけずにシンプルに頂く、穴子。
IMG_7069


そして大将から手渡しされる、極上の雲丹。すぐに崩れてしまうくらいに、ほわほわなので手渡しです。
IMG_7077


たっぷりお寿司を堪能したおなかには、お味噌汁がやっぱり染みる。日本人でよかったなぁ〜と思う瞬間ですねw
IMG_7075


気さくな大将と、美しく斬新な握りと料理の数々。
常連さんが多いのも納得ですね。

またぜひ食べに来たいお店のひとつです。
ごちそうさまでした。

すし通寿司 / 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅
夜総合点★★★★ 4.0