030/250

月島は会社からの帰り道なので、たまーにぶらりごはんを食べに寄ることがあるんです。
まぁ、もんじゃが有名すぎる街ですが、そこに新たな名店ができました!ハツ的にすごく好きなお店だったのでご紹介します。

Shellman (シェルマン)」という、蟹・海老・殻に特化した割烹料理店。

IMG_3507


もんじゃストリートの真ん中に、こんなオシャレな外観です。
IMG_3363


暖簾をくぐって店内へ。
清潔感があって、落ち着いた店内はカウンターが7席ほど。
IMG_3476


カウンターの後ろには小さ目のテーブルがありました。
扉で仕切られているので、接待使いにも良し。
IMG_3479


カウンターはゆったり広々としていて、椅子も大き目です。
IMG_3373


ガラスケースにはたくさんの貝たち!
IMG_3410



どれも美味しそうです…。
IMG_3411


お料理は、5,800円のコースのみ。
21時以降は深夜定食といって、2,600円の定食が楽しめるみたいです。
IMG_3368


この日は5,800円のコースをお願いしました。
IMG_3382


そして、面白いのがこの日本酒ペアリング。1,500円でお料理につけることができます。
IMG_3377


大将がお料理を考えたあとに、日本酒のプロがそのお料理にあわせて日本酒をチョイスしているのだとか。
IMG_3378


もちろん、日本酒以外のお酒も揃いますが、ここではぜひ日本酒を楽しんでいただきたい!
IMG_3412


まず1杯目はにごりからスタート。
IMG_3388


かわいいグラスでいただきます。
IMG_3386


そして、お料理のメニューはこちら。
IMG_3384


よく読んでみると、???と思うメニューが・・・。これは後でのお楽しみ。
IMG_3385


「とりあえず」と出てきたのは、なんと蟹!
IMG_3393


「境港のずわい蟹」は身は細めですが、しっかりと濃い味でおいしい。
レモンを少し絞って酸味と一緒に楽しみます。
IMG_3391


続いて、木箱が現れました。
IMG_3403


蓋を開けてみると、珍味が4品。
IMG_3409


つぶ貝の煮付けに、釧路昆布森産つぶ貝のチャンジャ。
つぶ貝を使ったチャンジャって珍しいですよね。結構辛いのですが、中に旨みもたっぷり。
IMG_3405


活渡り蟹の塩辛に、蛤の煮付け。
お酒が進む盛り合わせに大満足。
IMG_3406


続いての日本酒はこちら。
IMG_3416


合わせるお料理は、「ハットと杖が似合う歳」。という奇妙な名前。
ウイスキーに漬けたイクラを使ったお料理なのですが、ウイスキーのボトルに描かれている帽子と杖の男性からネーミングしているんだそうw
IMG_3417


いくらの下には蒸した牡蠣。その牡蠣がきゅっとしぼんでシワシワになっていることから、
「お歳」をイメージしているそうです。ものすごいダジャレ!
IMG_3428


でも味はしっかりと。牡蠣といくらの上に乗っているのはいぶりがっこ。
これあいい食感と味のアクセントになっておいしいです。
IMG_3421


牡蠣はカットされているので、いくらといぶりがっこと一緒に頂きます。
濃厚な味はやっぱり最高!
IMG_3434


お料理にあわせて、どんぴしゃな日本酒を出してくれるので、日本酒が詳しくなくても安心です。
IMG_3446


続いてお凌ぎは、「祝海と畑」。また変わった名前のお料理です。
IMG_3449


祝はめでたいということで、上に乗っている金目鯛を表現しています。
そして、畑は金目鯛の下のフルーツトマトのソースとジュレ。まさしく、海と畑のマリアージュ。
IMG_3447


日本酒も次々と。
IMG_3452


続いて、椀物は、「海老噌浮」。これ、何と読むかわかりますか? 
IMG_3456


答えは、「えびぞう」w 海老を豪快に盛り付けた茶碗蒸しです。
IMG_3457


乗っている海老は、手長海老をソテーしたもの。
IMG_3461


これをカップの中の茶碗蒸しの中へ入れて、海老の濃厚なソースと絡めていただきます。
IMG_3465


ソースの下には濃厚な茶碗蒸し。海老の香りがとても良い、贅沢な一品です。
IMG_3469



揚物は、「伊を得た魚」。
だんだん、ダジャレにも慣れてきましたw
IMG_3471


伊というのは、イタリアで使われているセモリナ粉を衣として使っているから。
わかさぎのフリットですが、上にかかっているグリーンのソースは西京味噌。
セモリナ粉のプチプチっとした食感とわかさぎの卵の食感がとても合います。
IMG_3474


煮物は、「パク壺」。
上に乗っているのはたっぷりのパクチー。
IMG_3481


そのパクチーの下には、蛸を赤ワインと白ワインで煮込んだものが隠れています。
パクチーを壺に見立てたという、一品w
IMG_3482


焼物で登場したのは、「木木木」。
お店の方にも、何て読むかわかります?と聞かれたけど、わからず…。
正解は「杉(すぎ)」だそうです。木が3つで杉。なかなかわからないな〜w
IMG_3497


すぎいた燻した杉板の上には、シンプルに蒸した蟹と、蟹に牛肉を巻いて雲丹を乗せた一品。

IMG_3507


蟹の下には海老芋が隠れています。このねっとり加減も好き。
IMG_3509


わさびを少し。シンプルがおいしい。
IMG_3491


IMG_3500


そして、最後は食事です。
カウンターの奥では、釜が用意されています…。
IMG_3475


食事は2つの中から好きなほうをチョイスできるスタイル。
ひとつは、釜飯。 
IMG_3523


たっぷりの貝にたまねぎや人参などの野菜が入った、やさしい味のご飯です。
IMG_3524


一人分ですが、結構ボリュームある!
IMG_3525


そしてもう一品は、変り種。
「手打ちパスタ蕎麦仕立て」です。
IMG_3538


お蕎麦のように見えますが、正真正銘のパスタだそう。
IMG_3529


確かに、お蕎麦よりももちもち感があります。
これをくるみだれにつけていただきます。
IMG_3532


IMG_3530


くるみや生姜もお好みで。
IMG_3534

自家製の浅漬けは、うずらなどの変り種も。
IMG_3533


大きな蛤が入ったお味噌汁もいただきます。これがしみる〜!
IMG_3540


まだOPEN仕立てなので、ほぼお客さんはいませんでしたが、
ここは流行るんじゃないでしょうか?

大将もすごく物腰柔らかくて、ダジャレの効いたお料理を丁寧に説明してくれますw

なにより、日本酒がおいしい。そしてお料理もおいしい。
家から近いので、定期的に通いたいお店になりました。

またきます。ありがとうございました!

Shellman魚介・海鮮料理 / 月島駅勝どき駅築地駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7