020/250

九段下に素敵なお店があるとご紹介頂いて行ってきました。
あんこう屋 かわな」。

何が面白いって、季節によりメニューと屋号が変わるのです!
春は“鯛めしや かわな”
夏は“穴子屋 かわな”
秋は“いくら家 かわな”
冬は“あんこう屋 かわな”
ということで、冬はあんこうが楽しめるお店なんです。

秋のいくらも絶品なんだとか。

IMG_9476


場所は地下鉄九段下駅から徒歩3分ほど。
大通りを1本裏に入った場所にあるこちらのお店、大きな暖簾は季節ごとに変わります。
IMG_9428


落ち着いた店内はカウンターとテーブルあわせて20席ほど。
場所柄か、年齢層も高めのお客さんが多い気がしました。
でも大将がとっても気さくで色々と話をしてくれるので、ほっと安心。
IMG_9429


お酒はこちら。日本酒がやっぱり飲みたくなりますね。
IMG_9433


ということで、大将のおススメを頂きます!
IMG_9439


お通しは湯葉でした。
IMG_9435


この日はいつもお世話になっているKさんにお誘いいただいて忘年会。
女子ふたりでカウンターで鮟鱇を食べる会ですw
IMG_9440


とろとろ感がイイ感じの湯葉。ワサビがぴりっと効いています。
IMG_9438


お料理はこちら。アラカルトもありますが、やっぱりお鍋のコースがおススメ。
IMG_9434


まずはいなだのお刺身を頂きます。
IMG_9448


厚みのあるお刺身は弾力もあり、新鮮!
IMG_9447



続いては、あんこうの卵巣と胃袋、皮をいただきます。
IMG_9449


それぞれ全然違った食感で、おいしい!
つけて頂くソースは鮟肝を使っていて、まさに鮟鱇づくし。
IMG_9451


「鯖の味噌煮、食べる?」と出して頂いた、たぶんまかないであっただろう、一皿。
板前さんのサービスで出していただいた〜!ありがとうございます。
IMG_9461


続いて、揚げ物はあんこうの唐揚げ。
IMG_9469


サクッとした衣とふんわりした身がおいしいです。
IMG_9468


そしてメインのお鍋が登場!
2人用の小さ目のお鍋に、あふれそうなくらいの野菜や具がたっぷりと。
IMG_9473


美しくカットされた人参や椎茸。
IMG_9470


じっくりと火を通していきます。
すると鮟肝のキレイなオレンジ色に、お鍋が変わっていきます…!
IMG_9475


全体に火が通って来たら食べごろ。
透き通った大根にはあんこうの味がしっかりしみて、おいしい。
IMG_9476


あんこうの身もたっぷり入っています。
さっぱりとしたあんこうは、濃厚なスープとあわさるともう最高。
IMG_9487


もちろん、最後は雑炊を。
あんこうや野菜から出たお出汁を最後の一滴まで残さずにいただきます。
IMG_9493


あんこうをたっぷり堪能したあとは、アイスでさっぱりと。
IMG_9496


やっぱりあんこう鍋は冬に食べるのが最高ですね。
ぷりっぷりのあんこうの身に、濃厚なスープ、そして最後の雑炊。
まさに至福のコース。

気さくな大将との会話を楽しみながら、季節の旬の贅沢食材を楽しめる素敵な和食店でした。
また遊びに来ます!
ごちそうさまでした。


かわな魚介・海鮮料理 / 九段下駅飯田橋駅水道橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5