265/250

西麻布にまたサプライズすぎるフレンチが登場しました。
とにかくお料理がすごいw ネタバレ注意ですが、それでもイイという方はぜひ続きをお読みください。

西麻布の交差点から歩いて数分のところにある、
WINE BAR & RESTAURANT ELAN VITAL(エラン ヴィタール)」。

IMG_2371


元々は和食屋さんだったのですが、オーナーがソムリエさんだったりすることから、
ワインに力を入れてワインバー&フレンチレストランにリニューアル。
ゴージャスな階段はまさに西麻布〜!
IMG_2330


店内は、テーブル16席、個室2室14席、カウンター6席の合計30席。
この日は個室を予約して頂いてしまいまして、ありがとうございます!
IMG_2339


かわいいプレートがお出迎え。
IMG_2336


お料理は4,800円と6,800円の2種類のコースとワインのペアリングがついた8,600円のコースがあります。
この日はお店におまかせでコースを頂きました!
IMG_2340


まずは泡で乾杯。
IMG_2357



さっそくお料理のスタートです。
お皿の上に用意されたのは、透明なスプーン。なんでしょう?
IMG_2356


すると、登場したのは、ポップコーン?!
IMG_2358


液体窒素で冷え冷えにされたポップコーン。
IMG_2359


これを先ほどのスプーンの上に盛り付けて、小さな前菜に。
IMG_2364


ほぼ凍っているので食感がサクサク!新食感です。
トリュフ塩がかかっていて、風味も良いです。こんな贅沢なポップコーン、はじめて。
IMG_2366


次のお皿は、「スイカ フロマージュ」。
IMG_2369


スイカのシロップ漬けの上には、世界三大ブルーチーズと言われている’ロックフォールチーズ’。
そして、ココナッツパウダーがかかっています。
さわやかなスイカとチーズの相性が良いですね。
IMG_2368


次に運ばれてきたのは、たまご?w
IMG_2371


思わずハロウィンですか?と聞いてしまったほどですが、
季節にかかわらず提供されているお料理だとか。
IMG_2374


中央にある卵が3皿目のお料理、「卵のカルテット 蟹のムース」。
IMG_2378


蟹のムースの上には、キャビア、雲丹、イクラ、カラスミが乗っているという…
なんとも贅沢、かつ痛風な一品! 白ワインがよく合います。
IMG_2377


ワインもさすがです。個性派が揃っていて、お料理に合うものをチョイスしてもらえます。
IMG_2388


続いてのお皿にあわせて頂いたのは、こちらのデザートワイン。
IMG_2392


このタイミングでデザートワインとは、次は何が出てくるのでしょう。
IMG_2393


そして登場したのがこちら。
IMG_2390


「熟成フォアグラ 最中」です。
IMG_2396


軽い食感の最中の中には、フォアグラに餡子とバルサミコ、生クリーム、クルミが混ぜてあります。
塩気もありながらどこかほんのり甘い、面白い一品。
確かに、デザートワインによく合います。
IMG_2399


自家製のパンが運ばれてきたと思ったら、
「テーブルの上に飾ってあったお花の土をかけて食べてください。」と言われ、スプーンですくってみると、
なんとチョコレートパウダー!
IMG_2406


温かいパンに乗せると、少しとけるくらいのチョコレートがまたおいしい。
IMG_2405


さらに驚いたのがコレ。なんだと思いますか?
IMG_2408


実は、薫製バター。ソフトクリームの形になってる〜!
女子の心をど真ん中についてきますねw
IMG_2415


あと、素敵だったのがこれ。ワインのコルクを抜かずに注げる優れもの。
空気に触れないのでワインが新鮮に保てるし、なにより色々な種類をちょこっとずつ飲めるのがうれしいですね。
(お店だったら関係ないけどw)
IMG_2420


頂いたワインはこちら。
IMG_2422


続いてはお魚料理。こちらはサーモンです。
IMG_2424


しめじのクリームソースに、トリュフが贅沢に添えてあります。
なんだか秋を感じさせる一品です。
サーモンの火の通し加減が絶妙で、口の中でとろけます。
IMG_2432


次に運ばれてきたのは、切株の上に乗ったボール?のようなモノ。
IMG_2445


見てもよくわからない…。
IMG_2440


「アクアヴィタエ」といって、’生命の水’と呼ばれていました。
口の中に入れると、ぷちっと弾けて水分が溢れだします。一瞬でなくなってしまうので、気を引き締めて食べてください。不思議な食感に出会いました。
IMG_2442


メインに合わせて、赤ワインを頂きます。
IMG_2447


まずは、こちらの赤を。
IMG_2449


そして運ばれてきたのは、熱々のプレート。
一応、熱いってことをアピールしてますw
IMG_2453


そして、また何やら怪しい煙…!
IMG_2457


木箱に入っていたのは、鴨の燻製です。
IMG_2456


先程の熱々のプレートの乗せて、盛り付けて頂きます。
IMG_2460


皮はパリッと焼かれていて、お肉はジューシー。
IMG_2461


目玉焼きに見立てているのは、アプリコットの黄身とじゃがいものビシソワーズで作った白身。
IMG_2466


IMG_2476


土に見立てているのは、ブラックオリーブ。
IMG_2471


手前の炭のようみ見えるのは、実は牛蒡でできています。
この牛蒡がおいしくて、感激でした。
IMG_2473


実はこの一皿はストーリー仕立てになっていて、
卵から生まれ、土で育ち、炭で焼かれる、鴨という「生・育・焼〜鴨〜」を表しているんだとか。
IMG_2474


続いて、もう一品お肉を頂きます。
IMG_2479



IMG_2481


「群馬県赤城牛の熟成肉」。
IMG_2488


お肉は熟成庫内で4週間以上寝かせて発酵させているので、
とってもイイ香りがします…!赤ワインのセレクトにもぴったり。
IMG_2491


最後はコーヒーとデザート。デザートもサプライズが待っていますよ…!
IMG_2492


大きなお皿に、球型の物体。
IMG_2493


中にはたくさんのカラフルなフルーツが入っている様子。
IMG_2495


普通に食べるワケじゃあありません。またまた登場した液体窒素。
IMG_2497


チョコレートでできた球体の中に液体窒素を注ぎ入れます。
IMG_2500


そして、よーく振る。
IMG_2503


!!
それをお皿の上に投げつけましたw
すると綺麗に割れて、中から色とりどりのフルーツやケーキが現れます。
IMG_2516


「破壊 ショコラ」という名の通り、豪快なスイーツ!
IMG_2518


たっぷりのスイーツを堪能して、見た目もカワイイし満足。
IMG_2509


一皿目から最後のデザートまでサプライズのオンパレードで休む暇もないくらいに楽しませて頂きました。
これは絶対に女子は喜ぶはず。

サプライズだけではなく、合わせるワインのチョイスやお料理のこだわりも素晴らしかったです。
男性のみなさんには絶対にデートで使って頂きたいお店ですね。

個室も広々しているのでサプライズバースデーなんかもよさそう。

また来たいお店のひとつになりました。
ごちそうさまでした!


WINE BAR & RESTAURANT ELAN VITALフレンチ / 六本木駅乃木坂駅広尾駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8