180/250

初めて訪問したのが、2014年の5月27日。そして、2015年も5月27日という同じ日に(!)、
予約して頂きました。
枝魯枝魯 神楽坂 (ギロギロ)」。

初めて訪問したときに、ステキなお店だなーといことで、去年の12月には京都本店にも行ってきましたし。

IMG_5925


場所は、飯田橋と神楽坂の間くらい。このあたりのひっそりとした雰囲気、さすが神楽坂。
2階建ての一軒家レストランになっていて、1階がオープンキッチンのカウンター、
2階はテーブル席と個室。内装は古民家風です。
IMG_5843


本当はカウンターがよかったのですが、なんとこの日はテーブルへ案内される…
ショックを隠せず…
IMG_5845


カウンターが空いたら、移動させてくれるということで、
気を取り直して日本酒。
IMG_5848


お料理はコースのみです。
まずは、新玉葱と白魚のかき揚げ、キャビア乗せ。
IMG_5849


さくっと揚がった、軽い天麩羅です。
IMG_5853


続いて、前菜八寸。
IMG_5867


鮎の一夜干し、蛍烏賊に生蛸の味噌和え、
IMG_5856


摺り流しは、赤パプリカ。これは珍しいですね。
ちゃんとパプリカの味がしました!
IMG_5857


和風の小龍包は浅利の出汁で。
IMG_5860


こちらは、スナップエンドウ。
IMG_5862


大根に巻かれているのは、焼き鯵。そして、海苔にはネギトロ。
IMG_5863


IMG_5865


八寸を食べ終わると、カウンターがあいたということで移動です!わーい!
IMG_5870


この日は一番はじっこの席へ。カウンターはやっぱりテンションあがります。
とくに、ここはオープンキッチンでいて、かつ活気があるので楽しい。
IMG_5872


お料理の再開です。
続いて、出てきたのは鱧。
IMG_5878


これは卵黄とお醤油で頂きます。
IMG_5879


お箸で持ち上げると崩れてしまいそうなくらいに繊細。
IMG_5882


卵黄にくぐらせ、お醤油をつけて山葵はちょっぴりきかせて。
IMG_5886


この残った黄身醤油でちょこちょこ日本酒を頂くのもツウだそうです。
IMG_5888


日本酒は、毎回おちょこが選べます。
IMG_5890


日本酒は毎回お店の方のオススメを。
IMG_5891


続いて、御椀です。
IMG_5896


器も美しいですね。
IMG_5897


ふたを開けると、さらに美しいグリーン。
IMG_5899


グリーンの正体はそら豆。そしてその中には湯葉豆腐の揚げだし、白子。
IMG_5900


続いての一皿は、一風変わった出汁巻たまご。
IMG_5903


お出汁には鯛の出汁を使っていて、さらに卵の中には鯛の身がたっぷり。
上にかかっているのはそら豆のソース、その上にはウドのきんぴらを添えて。
横に添えてあるプチプチ食感は、鯛の子です。鯛づくしの贅沢な出汁巻!
IMG_5905


器も、ひとつひとつ美しいんです。
IMG_5908


まだまだ、日本酒です。
IMG_5913


去年来た時に教えて頂いた、こちらの食材。蝦蛄のように見えますが、ちょっと違うんです。
IMG_5875


熊本県沿岸地域でシャクと呼ばれている、アナジャコ。
IMG_5915


こちらはカラッと、から揚げに。
IMG_5916


そして、最後の〆にはこちらの丼。
IMG_5921


ふたを開けると、豪華な彩りにテンションあがります!
IMG_5931


何種類の具が乗っているのでしょう。数えられないくらいです。
IMG_5925


魚介はもちろんのこと、お肉なども。
IMG_5932


IMG_5934



そして、前回も騙されたのですが、実はこれ、うどんなんです。
海鮮丼かと思うでしょう。このサプライズ感、アリですねw
IMG_5930


豪華食材の下には、つるっとコシのあるうどんがたっぷり。
京都のお店らしい演出ですね。
IMG_5940


スイーツまでしっかりと頂きました。
IMG_5945



中にはマカロンが隠れていて、ちょっとうれし、かわいい。
IMG_5955


この日もお客さんは満員状態で、相変わらずの人気店でした。
お客さんも幅広くて、老若男女、デートや女子会、飲み会にと様々なシーンで利用されていました。

神楽坂の隠れ家で、こんなカジュアルに割烹が楽しめるなんてなかなかないと思います。
来年もまた来れるといいな!

ごちそうさまでした。