080/250

まるごとトリュフ!というお店の名前のとおり、
まるごとトリュフが楽しめるというしあわせすぎるお店が2014年9月、西麻布にOPENしました。

その名も、「マルゴット エ バッチャーレ (Margotto e Baciare)」。
(まるごとトリュフw)

IMG_8268


場所は広尾と西麻布の間くらいで、西麻布の交差点から歩いて数分でした。
暗めの照明は大人で高級感のある雰囲気が漂います。
IMG_8089


IMG_8098


テーブル、カウンター、個室あわせて30席ほどですが、空間を広々と使った贅沢なつくり。
IMG_8090


テーブルにはこの日のコースメニューがありました。でも、よく見ると、素材しか書いていないんです。
シェフがその時の一番おいしい食べ方で提供したいから、とのことですよ。すごく楽しみです!
IMG_8096


毛蟹もあります!
IMG_8097


まずは泡で乾杯。というか、この日は待ちぼうけで、ひとりで1時間くらい飲んでいましたw
IMG_8103


テーブルの上には、なにやら気になる箱。
IMG_8095


開けてみると、なんとまるごとトリュフ!これはびっくりw
IMG_8109


コースでは、これをひとりひとつ、贅沢に使ってしまうんだそうです。
IMG_8108


トリュフを自分で削るなんて、はじめてです。
IMG_8116


コースにあわせて、白ワインからスタート。
IMG_8128


パンはしっかりと重みがあって、おいしい。
IMG_8129


大きなワイングラスで登場したこちら、いったいなんでしょう。
なんと、奈良県産牛のコンソメスープなんです。
IMG_8132


確かに、ワイングラスで飲むと香りが広がりますね。
IMG_8136


と、そこに大量のトリュフをいれ、さらに香りよく。ワイングラスで頂く意味がわかりました。
IMG_8147


そして、目の前で作って頂くトリュフバター。こんな贅沢なことってありますか。
IMG_8140


できたてほやほや。パンにたっぷりつけて、ワインも進む。
IMG_8149



ということで、次のワインを頂きます。
IMG_8155


ホワイトアスパラガスにはラルドを添えて。
IMG_8157


ラルドは豚の脂で、いわゆるラードのことですね。さっぱりとした野菜にもぴったり。最近よく出会います。
IMG_8158


ここでもたっぷりすぎるトリュフをかけます。もう、まみれてます。
IMG_8166


IMG_8169


次に出てきたのは、日本酒?!
IMG_8186


なんと、トリュフを日本酒の中に…。ヒレ酒風ですw
IMG_8184


またいい感じに香りがついて、とってもおいしいー!
IMG_8178


続いてのお皿は、鮑と筍という春を感じる食材たち。
IMG_8191


これはトリュフ無しで、味わいます。
IMG_8193


レモンの皮がさっぱりとしたアクセントになっているのは、トマトソースのスパゲッティ。
IMG_8204


IMG_8203


やっぱりあわせるのは、白ですね。
IMG_8209


パスタを食べたと思ったら、一気に和風へ。
こちらは、鰆と聖護院蕪を使ったソース。 
IMG_8227


写真ではわかりにくいですが、この鰆の厚み!でもすごく柔らかくて、お箸でホロホロに崩れます。
IMG_8216


外はジューシーに焼かれていて、中はレアに仕上げてあって、最高。
IMG_8217


IMG_8224


またまたイタリアンに戻って、大きなチーズ。
IMG_8229


これに合わせるのは極上の赤。
IMG_8244


これ、ワインの色を確かめるための機械なんだそう。初めて見ました!
このこだわりようが、さすがです。
IMG_8250


メインのお肉は、綱取り猟の尾長鴨のロースト。

IMG_8255


鮮やかすぎるお肉の色。ソースはバレンタインを意識してチョコレートが使われていました。
IMG_8258


IMG_8259


これはもちろん、トリュフたっぷりいっちゃうでしょう。
IMG_8265


お肉が見えなくなるくらいの、トリュフの山。
IMG_8278


IMG_8268


このトリュフ、すごくキメが細かくてきれいですよね。味もしっかりと濃くておいしいんです。
IMG_8273



IMG_8283


毛蟹は最後のごはんで登場です。一緒に炊かれているのは百合根。真ん中には蟹味噌まで。
IMG_8291


シェフ自ら取り分けて頂きました。ありがとうございます!イケメンシェフ。
IMG_8295


カニの身たっぷり。百合根の食感がたまりません。
IMG_8299


そこに、蟹の出汁をたっぷり注ぐ〜!
IMG_8305


アクセントにちょっとだけわさびを添えて。おなかもほっこり、大満足。
IMG_8312


最後は場所を変えて、デザートを頂きます。
IMG_8316


デザートに合わせるのに出して頂いたのは、とっても貴重だという梅酒。
IMG_8318


これをロックで。アイスと一緒に頂くんです。
IMG_8327



IMG_8333



IMG_8326


お土産に、キャラメルまで。明日のおやつにって頂きましたw
IMG_8335


お土産はもうひとつ。残ったトリュフはお持ち帰りできるんです。うれしいー!
翌日の夕食でトリュフたっぷりのたまごかけごはんを美味しく頂きました。
IMG_8309


トリュフたっぷりで大満足だったのは当然なのですが、ここのシェフとソムリエさんのお店に対する想いがすごくって。
やっぱりこうゆう仕事をしたいなーと私自身も感じてしまった時間でした。

おいしいだけじゃなく、人と人のコミュニケーションをとっても大切にしている素敵なお店です。
ひとりでも来てください!とおっしゃって頂いたので、ぶらりワイン飲みに来たいなぁと思います。

ありがとうございました!また遊びに来ます。


マルゴット エ バッチャーレイタリアン / 広尾駅六本木駅乃木坂駅
夜総合点★★★★ 4.0