063/250

六本木でおいしいお寿司ってあんまり食べたこと無くて。
この日は、おいしくて楽しいお寿司屋さんが六本木の駅チカにあると聞いて、行ってきました!
六本木 鯛良(タイラ)」。

IMG_7538



場所はなんと六本木駅から徒歩1分!麻布警察署のすぐ隣のビルの8階です。

エレベーターをおりると、目の前には上品な雰囲気のカウンター。

こんな六本木のど真ん中に、こんなお店があったなんて、全然知りませんでした。


IMG_7460


この日はカウンターのいちばんはじっこに。
席数は全16席。お店は広々としているのに、空間を贅沢につかっていて、ゆったり座れます。
IMG_7458


窓からは六本木の夜景も見れて、なんだかお寿司屋さんじゃないみたいw
IMG_7459


大将との会話を楽しみながら。これがカウンターの好きなところ。
まずは、日本酒を頂きます。
IMG_7462


今日の蟹はこれ!と見せて頂いたのは、「加能蟹」。
金沢で獲れるこちらの蟹ですが、この時期が食べられる最後の時期だそうです。
IMG_7465


立派な蟹!おいしそうです。これは楽しみ。
IMG_7467


お料理はおまかせでコースで頂きました。
蛤に菜の花、上には筍のジュレがかかっている冷菜。
IMG_7468


筍をジュレにしちゃうって、斬新。菜の花もこれから美味しいシーズンですね。
春を感じます。
IMG_7471


続いて、「鯛良の極み 金目鯛のバッテラ」。
IMG_7478


金目鯛をバッテラ寿司にするなんて、これも初めて食べました。
IMG_7476


次のお椀は、香箱ガニのそとことうちこを、贅沢にはんぺんにしたもの。
IMG_7479


ふわっふわのはんぺんに、カニの風味がとってもイイ。やさしい味です。
IMG_7481


透明なスタイリッシュなお皿で登場したのは、

唐津産のクエと鹿児島産の鯛。

IMG_7484


身がきゅっと引きしまっていて、噛むほどにお魚の味がしっかり味わえます。
IMG_7485


IMG_7486


次のお皿は、鰆。
IMG_7487


鰆を藁でスモークしているんです。上に乗っているグリーンは、ホースラディッシュ。
IMG_7488


続いて、メジマグロの漬け。
IMG_7490


美しいピンク色のメジマグロは脂ものっています。
上には自然薯のわさび漬け。普通にわさびを乗せないところが新しい。
IMG_7493


そして、握りが合間あいまで出てくる、この楽しさ。
IMG_7494


鯖とコハダです。ブルーの器に綺麗なピンクが映えますね。
IMG_7495


IMG_7496


IMG_7497


続いては、贅沢に鮑を。
IMG_7498


ぷりっぷりの鮑の身を、
IMG_7500


黒鮑の肝のソースで頂きます。これも濃厚でおいしい。
IMG_7502


残った肝ソースには一口サイズのごはんを入れて、
IMG_7504


これをよーくかき混ぜて食べるのがポイント。これがめっちゃおいしい!
贅沢すぎるごはんです。
IMG_7506


そして、最初に見せて頂いたカニさんの登場です!
IMG_7508


加能蟹を贅沢に2種類の食べ方で。
IMG_7514


大粒のいくらと共に、ほぐした身をたっぷりと。
IMG_7509


シンプルに生で頂くのがやっぱりおいしい。今年はカニのおいしさを知ったかも。
IMG_7511


若干体調不良でしたが、おいしいお料理にはお酒も飲めちゃいますw
IMG_7515


大好きな蛸。
IMG_7520


めちゃめちゃ柔らかく煮てあり、またソースとの相性も抜群。
IMG_7518



次はさらに面白い一品が登場。
これ、いったいなんだと思います?
IMG_7527


実は、真鱈の上に、さらに白子のソースが。
ソースの下には、お餅が隠れていて、口に入れるととろーりとろけます。
白子の濃厚ソースに、お餅の食感がまたよく合う!
IMG_7523


添えてあるのは、のどぐろの蒲鉾。IMG_7526



次に登場したのは、この立派な鰤。
IMG_7531


そのままでもおいしそう!
IMG_7529


それに、うみぶどう。
IMG_7530


これを、贅沢に餡かけで頂きます。
IMG_7532


レアに火が通った鰤はジューシーさがあって、そこに海ぶどうのぷちぷち食感が良い感じ。
出汁も主張しすぎずに素材の味が楽しめます。これはからだがあったまる。
IMG_7533


次は、握りのようです。わくわく。
IMG_7538


サヨリに、スミイカ。
IMG_7541


元々あんまりイカって食べない方だったんですが、最近イカにはまっていて、
特にスミイカのねっとりした感じ、大好きです。
IMG_7539


1カンがとても小さいので、たくさんの種類をたっぷり楽しめるところがまた楽しい。
IMG_7540


小さな御椀で登場したのは、
IMG_7546


鯛茶漬けです。
握りの次に、鯛をお茶漬けで食べるなんて、斬新。
こうゆうリズム、楽しいですよね。
IMG_7547


IMG_7548


次の握りは、鬼エビをいうエビを頂きます。
こんな風に鬼のような見た目から名前が付けられたそうです。
IMG_7550


鬼エビと車エビ。
IMG_7551


弾力ある食感とその甘みがおいしいのです。
IMG_7552


IMG_7554


こちらは、青森県の大間釣りのまぐろ、トロ。
IMG_7561


これを漬けで楽しみます。
IMG_7557


なんだかんだ言って、トロ、大好きです。やっぱり日本人w
IMG_7558


こちらも面白い一品。
IMG_7564


牡蠣の酒蒸しなんですが、
IMG_7563


なんと、中にはごはんが入っているんです。こうゆうアイデア、どうやったら思いつくんですかね。
ぷりぷりの牡蠣と甘目のシャリで、贅沢感満載。
IMG_7565


雲丹の軍艦は、むらさき雲丹と馬糞雲丹の2種類盛り。
IMG_7570


2種類のウニのマリアージュ。口の中でほんとにとろけます…。
IMG_7568


そして、最後の握りは大好物の穴子。
IMG_7571


このふんわりとした焼き加減、絶妙です。タレも甘すぎず、穴子の味をしっかり感じます。
IMG_7574


お寿司の〆といえば、玉子ですね。
IMG_7575


そして、お味噌汁でほっこり。
IMG_7577



最後はデザートまで。とちおとめを頂きました。
IMG_7579


最近、こうゆう斬新なお寿司屋さんが増えている気がします。
ただ単に握りを楽しむというよりは、素材の味を楽しみながら、新しいアイデアや食べ方を提案してくれる、そんなネオ寿司屋さん。

こちらのお店も、一品のあいまに握りが出てきたり、ちょっとしたアイデアで、白子にお餅を入れてみたり、
とずーっと楽しめて、驚きがいっぱいです。

大将も気さくで、ひとつひとつの食材を丁寧に説明してくださいました。

カウンターはデートや記念日に、個室もあるので接待にもぜひどうぞ。
またふらっとひとりで来ようかなw

ごちそうさまでした!


鯛良 六本木店寿司 / 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅
夜総合点★★★★ 4.0