023/250

年始早々に、鎌倉でイタリアンしてきました。
予約して頂いたのは、「Takeru_Quindici (タケル クインディチ)」。

鎌倉といえは、古民家のイタリアンが多くて、その雰囲気がとても好きなハツです。
古民家イタリアンはもっと色々開拓したいなぁと思っています。

IMG_5766


北鎌倉という駅は、鎌倉駅から一駅なのですが、夜になるとひっそりとしていて、ほとんど人がいませんでした。
そんな中、とおりに光る丸い看板を発見。こちらがお店です。
IMG_5723


入口はなんとも幻想的な空間で、障子のような扉を開けて中へ。
IMG_5724


入ってみると天井が高くて、明るい空間。古民家の雰囲気がありながらも、モダンでシックなイメージ。
IMG_5787


既にたくさんのお客さんがワインとピッツアを楽しんでいました。
カウンターとテーブルをあわせると席数は40程でしょうか。結構広いんです。
IMG_5741


IMG_5733


メニューはすべて黒板。近寄ってもいいので、看板からオーダーしてください!と。
目が悪いハツとしては、だいぶ苦労しましたw

お料理は迷っちゃうくらいのラインナップ。前菜からお肉、魚まで。
IMG_5732


もちろん、ピッツアも。こちらも黒板をチェック。
IMG_5728


ドルチェと、
IMG_5730


おすすめのグラスワイン。
IMG_5731


まずは、白からスタート。
IMG_5734


まずは、前菜から。
燻製牡蠣と百合根のリコッタ和え。
IMG_5745


燻製の牡蠣に百合根とリコッタチーズってどんな組み合わせ?!と気になってオーダー。
百合根の食感と燻製した牡蠣のいい香り。美味しいです。ワインにぴったり。
IMG_5746


カンパチ ヒラメ ホタテのカルパッチョサラダ仕立て。
IMG_5753


鮮やか過ぎるビジュアルとこのボリューム!しかも、これ美味しかったー!
IMG_5751


魚介もさることながら、野菜がこんなに美味しいなんて。これが鎌倉野菜というものなのでしょうか。。。
IMG_5754


ドレッシングもとてもいい味で、野菜と魚介をうまくマリアージュしてます。
IMG_5756


IMG_5759


イノシシとフォアグラのパテ。
IMG_5760


こちらもボリューム満点の一品。
IMG_5761


ごろごろとお肉の食感を残したパテは、パンチもきいてます。
IMG_5766


IMG_5769


そして、メインのピッツア。
IMG_5775


まずはもちろん、マルゲリータ。
IMG_5777


ジューシーなトマトソースにとろけるモッツアレラ、バジルの彩と風味。
IMG_5778


大きなピッツアにご満悦のハツw
IMG_5781


生地はもっちり薄めで、口の中でとろける食感。
IMG_5785


そして、鎌倉ならではのこちら。
IMG_5791


釜揚げしらすと蕪のピッツア。
IMG_5789


蕪の存在感がそんなに無かったのですが、しらすはやっぱり安定の味。美味しいですね。
IMG_5792


たっぷりワインも頂いて、満足。
IMG_5794


とにかく前菜のラインナップが面白くてとても楽しめました。
ワインもリーズナブルなものから揃っていて、これは人気が出るはずですね。

野菜がおいしかったのが印象的で、ひさしぶりにシンプルな野菜がおいしい!と感じました。
今年も古民家イタリアン、注目です。

ごちそうさまでした。


タケル クインディチイタリアン / 北鎌倉駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7