031/250

ハツは7月1日生まれの蟹座なんですが、今まで蟹って好きじゃなくて。(嫌いでもなかったんですが。)
ということで、おいしい蟹を食べるぞ!と意気込んではるばる福井まで行ってきました!!

訪れたお店は、「越前蟹の坊 三国港店」。
IMG_4857

えちぜん鉄道という路線の「三国港駅」が最寄とのことです。
でもこの日は、小松空港から車で。東尋坊方面へ約30分ほどです。

めちゃめちゃわかりやすいこの外観が目印!
IMG_4786


蟹ですwwちゃんと黄色いタグもついてますね!
IMG_4784


店内に入ってみると、早速水槽の中にたくさんの越前蟹!
IMG_4787


小さな蟹から大きな蟹まで。
IMG_4788



IMG_4789



食事処は2階へ。
古民家をイメージした内装で、掘りごたつ式のテーブルはゆったりできます。

この日のおすすめはこちら。蟹だけでなく、海老もあるんですね。
IMG_4794


こだわりの越前がに、堪能します!
IMG_4796


アラカルトとコースがあるのですが、色々食べたいのであればフルコースがお得だしおすすめだそう。
ということで迷った結果、フルコースをお願いしました。これは楽しみ!
蟹のフルコース、ハツ体験です。
IMG_4798


蟹は大きさによってお値段かわってきます。特特大は43,200円って、どれだけ大きいんでしょう…。
IMG_4799


まずは、熱燗から。
IMG_4801


まずは、3品の盛り合わせから。
IMG_4807


左は焼鯖寿司。そして中央はせいこ蟹、右は出汁巻きたまごです。
IMG_4809


せいこ蟹、初めて食べました。
「越前がに」が雄のズワイガニのことで、雌は「せいこがに」と呼ばれているんですね〜。そんなこそすら知りませんでしたよ。
IMG_4808


その特徴は、ミソと卵。
お腹に抱いている受精卵は外子と言って、舌の上でとろけるんです。
IMG_4811


また内子と呼ばれる卵巣は、別名赤いダイヤとも言われているそう。
色も鮮やかで本当に宝石みたい!
IMG_4819


身もぷりっぷりです!高級珍味のせいこ蟹、堪能しました!
IMG_4814


続いては、お造り。
IMG_4821


蟹だけじゃなく、やっぱり魚介類も新鮮ですよね。
IMG_4826


この鰤の厚み!そして、つやつやの色、最高です。
IMG_4824



続いて、刺し蟹と焼き蟹が登場!これはテンションあがりますね。
IMG_4829


刺しは透き通った綺麗な色でとろっととろけます。
焼きは身がぷりぷりになって弾力があり、美味しい!
IMG_4831


新鮮だからこそ、刺しで食べてもおいしいんですね。
IMG_4838


IMG_4834


ひとくちで贅沢に!味も濃厚でしっかりとしています。蟹っておいしいんですね。
IMG_4845


蟹味噌はこんなにたっぷり。
IMG_4850


IMG_4853


そして、茹で蟹です。これは迫力ある!さすがです。
IMG_4855


ちゃんと黄色いタグ、ついてました!念願の〜!
IMG_4857


ばらし方がわからず、店員さんにお願いしました。
IMG_4859


若い女の子だったのですが、手際よくバキバキばらしていきます。
地元の人は朝飯前的な感じなんでしょうか。ちょっとカッコイイです。
IMG_4862


綺麗にばらされた蟹さんたち。
IMG_4864


茹で蟹は、刺しや焼きとまた違って、甘みがありますね。
今まで自分で蟹をむいて食べたことがほぼなかったので、食べ方を教えて頂いて試行錯誤しながら食べましたw
必死で無言になってしまいますねw
IMG_4865


お味噌もたっぷり。これだけ蟹を堪能したのははじめてでした。
IMG_4867


でもまだ続きます。越前蟹のグラタン。本当に蟹づくし!
IMG_4870


最後は炊き込みごはんとお味噌汁で。
IMG_4877


最後にちょっと残念だったのは、茹で蟹をまだ食べている途中でグラタンとごはんが出てきたこと。。。
ごはんを食べ始めたときには完全に冷めてましたw
IMG_4874


もちろん、お味噌汁も冷めてしまった〜。ざんねん。
IMG_4875


とはいえ、念願の越前かにを本場で食べられて、大感激。
これ以来、自分で蟹が食べられるようになり、好きになりました。(単純)

来年の冬、また食べにきたいなぁ。
という想いをこめて、ごちそうさまでした。


越前蟹の坊 三国港店かに / 三国港駅三国駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3