346/250

2014年11月7日、恵比寿に新しくOPENしたイタリアン。
ここ、楽しすぎて、もう既にファンになっちゃいました。
ゴロシタ. (golosita.)」。

ゴロシタとは、イタリア語で「食いしん坊」の意味。
ハツにぴったりのお店じゃないですか!

IMG_4346


恵比寿西口ロータリー方面、線路沿いに坂を上って行くとサカナバルがあって、その先のビル。
5階建てのビルの4階がこちらもお店です。
IMG_4327


入口はこんな感じで赤いロゴが目印。
IMG_4328


店内に入ると、広々としたキッチンをぐるりと囲うようにゆったりしたカウンター。
席数は15席くらいでしょうか?
IMG_4346


まずは、スパークリングで乾杯、と。
IMG_4338


IMG_4339


お料理はこんな感じ。まだネット上に全然情報が載っていないので、メニュー載せます!
前菜はワインに合いそうなものばかり。ラインナップも面白いですね。
IMG_4342


2人だと、だいたい5〜6皿くらいでちょうど良いかもしれません。
一皿の量もそこまで多くないので、色々楽しめます。
IMG_4343


IMG_4344


IMG_4345


お通しは、自家製のポテトチップス。
IMG_4349


色鮮やかなポテチ。これ、おかわりOKですw
いい感じの塩加減とパリパリ食感でついつい食べちゃうんですよね〜。
IMG_4348


世界一美味しい特大アンチョビとカルピスバターのブルスケッタ。
このネーミングがやばいですよね。世界一って・・・。
手のひらサイズのバケットには本当に特大のアンチョビ!そして、大量のカルピスバター。
でも、油っこくないんです。アンチョビの塩加減とカルピスバターの甘みがちょうどいい。
IMG_4357


続いて、白ワイン。
IMG_4359


お店の方に相談して、チョイスして頂きました。
IMG_4361


この日、衝撃だったお料理がこちら。
滋賀・淡海地鶏モツのコンフィ。
IMG_4372


全部違う部位なんですが、鶏モツにじっくり火を通して、コンフィに。
IMG_4366


部位が違うからこそ、食感が全然違って面白い。最高のワインのお供です。
IMG_4368


白子のフライ アラビアータソース。
IMG_4382


白子好きの我らにはテッパンの一品。
IMG_4385


サクっと揚げられた白子は中はふわとろクリーミー。
IMG_4392


パスタは変わり種をチョイス。
トスカーナのオーガニックトマトで作ったトマトソースを2mmの極太スパゲッティで。
IMG_4399


うどんのように太いスパゲッティ。ソースはトマトの酸味が効いていて美味しいです。
具なしのシンプルなパスタ、これもまたいい。
IMG_4395


メインのお肉を前に、赤をチョイス。
IMG_4401


そして、お肉には専用のナイフが登場。イタリアの職人さんの手作りだそうです。
これがまた、めっちゃ切れる。
IMG_4402


メインは、滋賀・淡海地鶏骨付きモモの炭火焼を。
IMG_4406


骨はとって出して頂きました。
めちゃめちゃ肉厚でびっくり!皮はぱりっと焼かれていて、お肉はかなりジューシーです。
肉汁を感じる鶏って久々。
IMG_4404


火の入れ具合が抜群でした。
IMG_4411




IMG_4416


デザートはこちら。これ、なんだかわかります?
IMG_4424


実は小さなメロンパンなんです。
IMG_4419


メロンパンの間にチョコレートアイスがはさんであります。
メロンパン好きのハツには嬉しい!
IMG_4423


カウンターイタリアンのいいところは、シェフとたくさん会話ができるところ。
この日もだいぶ楽しい時間を過ごさせて頂きました。
IMG_4425


OPENしたばかりでまだ比較的予約はとれるかもしれませんが、
これから絶対予約が取れなくなるお店だと思いました。

ひとりワインもできるお店だし、デートでも、女子会にも使えるお店。
お客さんには男性同士もいましたよ。

絶品のイタリアン、ぜひ一度お試しあれ。
長谷川シェフ、ごちそうさまでした!また遊びに行きます。


ゴロシタ.イタリアン / 恵比寿駅代官山駅
夜総合点★★★★ 4.0


ゴロシタ.予約