大分ネタも第四弾となりました〜。
宿を出て、向かったのは地獄めぐり。知らなかったんですが、大分では名物?らしいです。

お昼に立ち寄ったのは、
血の池地獄に隣接しているレストラン、「極楽亭」です。
2011年9月にオープンということで、まだ比較的新しいみたいですね。
R0021993


店内はかなり広々。
全席テーブルで、60席くらいはあったんじゃないでしょうか?
開放感もあって自然を眺めながら、、いいですね〜。
R0021989


メニューはこちら。
観光客向けに色々考えて作っている感じがします。
「地獄蒸し御膳」は、温泉地別府ならではの伝統料理とのことです。
久住・耶馬溪の無農薬の野菜を中心に、国産豚肉やエビをポン酢で頂きます。
R0021987


でもハツが食べたかったのはこれ!
「豊後牛ステーキ丼」。
大分に来てから、豊後牛を食べれてなかったので・・・。どうしても食べたくて。
R0021988


登場したのがこちら。ちなみに大盛りなのですが、そんなに量は多くないかな?
R0021992


絶妙な焼き加減。さっぱりとほんのり塩味が効いてます。
下には五穀米と野菜もたっぷり。
R0021993


R0021995


お味噌汁と、
R0021996


小鉢がついてきます。
R0021997


あんまりお客さんがいなかったので、ゆったりまったりお食事できました。
ちょっとしたカフェですね〜。
R0021998


他にも「血の池バーガー」や、「地獄の極樂カレー」など変わった名前のメニューがたくさんあって、
どれも気になりましたw

次回行く機会があれば、ぜひ食べてみたい♪
ごちそうさまでした!

お食事処 極楽亭郷土料理 / 亀川駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.5