1234

2010年4月1日になりました。
社会人になってちょうど3年が終わって、
今日から4年目に突入です。

3年、長いようであっという間でした。

3年って言ったら、小学校だと4年生になっていて、
中学校だと卒業して今日から高校生だし、
高校だと卒業して、今日から大学生になっていた。はず。

大学だったら、
もう4年生かー、学生生活最後だなぁ、なんてみんなと言っていたんだろうなぁ。



昨日、飲んでいるときに、
子供の頃に埋めたタイムカプセルの話を聞きました。


書いたときの記憶なんてまったく無いのだけれど、
小学校1年生の時に書いた、将来の自分への手紙の内容は、
考え方もまったくぶれずに、今の自分にしっかり繋がっている。

123



私も20歳の時に両親からの手紙が届いたことがあります。
たぶん、つくば万博のときの記念か何かで両親が私に宛てた手紙でした。

1984年生まれの私へ、
1984年のつくば万博で、
両親が20年後の私へ宛てた手紙。


その内容を見た瞬間に思わず、涙がボロボロ出てきてしまったのだけど、
いつもわがままな私を、応援してくれている両親にすごく感謝をしました。


社会人になって3年が過ぎても、まだまだ両親に甘えている私ですが、
私が生まれた時に持ってくれた期待とか希望とか、
そうゆうのに応えられるよう、
そんな4年目にしたいです。



「人間はいつの間にか、最善の道を選択している」
そんな、小山薫堂さんの言葉が好きです。

ただ、今の自分の環境は自分で選択したけれど、
周りの人たちがあって、選択できたものだと思っています。

友達や上司、先輩、同期、家族、
ブログにコメントをくれる人、
ツイッターでコメントくれる人、
まだ見ぬたくさんの人、
そんな人たちにもっと感謝できる4年目にしたいです。

そして、5年目になるまでの目標を、
今日明確に持ちたいと思います。


ということで、
新社会人のフレッシュさとか、
隣の席の2年目の若者にも負けないよう、
頑張ります!


壁をブチ破っていきましょう。