フードアナリストの試験を受験してきました。
朝から講座を受けてそのまま試験を受けてきたんですが。

なんと、9時半〜19時という模試並みのスケジュール。
久しぶりにあんなに机に座って勉強したなぁ。

↓勉強したのはこんな項目。

===================

【第1章】 格付けとフードアナリスト倫理規定
(格付けの考え方)格付けの歴史・世界の代表的な格付け機関
レストラン飲食店の格付け機関・格付け定義
(フードアナリスト倫理規定)
【第2章】 食空間コミュニケーション
(食空間の会話)日本語の正しい使い方・英語
(食空間の単語)食品・飲料・その他
【第3章】 食空間の知識と教養
(料理の種類)日本料理 西洋料理 中国料理 その他の国の料理
(食品)植物性食品 動物性食品 (飲料)アルコール ソフトドリンク
(食の知識)食の名言・格言 文学と料理 食材になる植物と花言葉
【第4章】 菓子・パン
(洋菓子)洋菓子の分類・種類 (パン)日本の菓子の歴史
【第5章】 サービスとテーブルマナー
(サービスとホスピタリティ)ホスピタリティ・サービス
(テーブルマナー)基本的なテーブルマナー・プロトコールとエチケット
各国のテーブルマナー
【第6章】 食空間の演出
(テーブルデザイン)テーブルデザインの基本 料理と器
テーブルセッティングとカトラリー テーブルマナーの歴史
(インテリア)食空間とインテリア インテリアによる演出 ガラスの歴史
【修了試験】

===================

終了試験で70%以上正解すれば合格。
果たしてハツは合格したのでしょうか。
火曜日に結果がわかります。

会席料理とか、懐石料理とか薬膳料理とか精進料理とか・・・・むずかしかったなぁ。
世界のパンとかスイーツの種類とか特徴とか。
あとは英単語と漢字も出ました。
ホウレン草の英単語と漢字、かけますか???www

店を格付けするためには、いろんな知識が必要なんだなぁ〜〜とつくづく思いました。


合格すれば晴れてフードアナリスト!
4級だけど。

お店の格付けができる資格です。
そのほかにも商品開発やライターで活躍している人もたくさんいるみたいです。
なんにしても、ハツはまずこのブログの信頼性をあげたいのだ!


と、いうことで合格の通知だけを待ってみますww