今月から使っている、「カシオ EXILIM EX-Z400」。
最近CMも始まりましたね。

そんな一番の注目機能「ダイナミックフォト機能」を始めて使ってみました!

=================
※ダイナミックフォト機能って???
ダイナミックフォトとは、動画の中から動いている被写体の部分だけを切り抜いて、その動きを再現したままで違う写真の中に合成することのできる機能です。 20枚の連写画像からカメラが自動で被写体を切り抜き、お気に入りの写真と合成。憧れのスターになったり絵の中の世界に飛び込んだり、夢みたシーンがカメ ラ1台で実現します。ダイナミックフォトで、撮る楽しみだけでなく、創る楽しみ、見る楽しみが広がります。
=================

まぁ、こんな文章を読んでもわからないハツは、とりあえず使ってみることに。
機械が苦手な工学部ハツでも使えるのでしょうか・・・。
(((( ;゚д゚)))


大まかな流れです。
1:動く被写体を撮影する
2:同じ場所で、被写体のいない状態で背景のみを撮影する
3:1−2=動く被写体のみが切り抜かれる
4:好きな背景画像に、3の動く被写体の写真を合成する
5:公式サイトで動画に変換する

はい、じゃあやってみましょう。

1:動く被写体を撮影します

・カメラの電源を入れ、[BS]ボタンを押して、“動くキャラクター”を選ぶ。
← 】【 → 】で赤枠を動くキャラクターの位置まで移動して、【SET】ボタンを押します。
CIMG6164


・なるべく白い背景を準備。
きれいに動く被写体を切り抜くためには、背景はなるべく白い壁で、かつ影がうつらないようにするのがポイントらしいです。

ハツのおうちの壁は、幸いにも真っ白な壁です。
CIMG0672


・最初に被写体のいる状態で撮影。
”三脚を使用してカメラを固定すると、成功しやすくなります。”と説明書に書いてありますが、うちにはそんなものないので、ティッシュの箱を台にした。
そして、写っている範囲をチェックするために鏡を準備。
一人で撮影するのはなかなか大変です。みなさんは誰かに撮ってもらってください。
CIMG0673


・カメラを動く被写体へ向けて【シャッター】ボタンを押して撮影。
手を振ってみました。
20連射でバシャバシャ撮影されます。
CIMG6166

とりあえず、ここまでできたらうごく被写体の撮影は終了。
ふぅ。


2:同じ場所で、被写体のいない状態で背景のみを撮影する


でも、気はぬけません。
すぐに次のステップへ。

・被写体のいない状態で、背景だけを撮影
前のステップで撮影した手がうっすらと写っていますが、このとき実際にはハツの手は画面の前にはありません。
これを撮影したときとまったく同じ場所で今度は背景のみを撮影します。
CIMG6169

ちょっとでもずれると、「失敗しました」と画面に表示されるのです・・・。
だから三脚が必須なのですね。
でも、ティッシュの箱でも1発成功しました!!!


3:1−2=動く被写体のみが切り抜かれる

ステップ1とステップ2が成功すると、自動的に下のような画像が作成されます。
これは、ステップ1の動画から、ステップ2の背景が切り抜かれたもの。
すげーーーー!!!!
クッションやベッドがきれいに消えているのがわかりますか???

CIMG6173

ここまでできればもう完璧!

4:好きな背景画像に、3の動く被写体の写真を合成する


・【 】を押して再生モードにし、ステップ3で完成した写真を表示。
そこで、【MENU】→再生機能タブ→キャラクター貼り付けを選択。
CIMG6174

・【 】【 】で背景の画像を選び、背景用の写真を選択。
※背景用の画像は、あらかじめカメラで撮影して準備しておきます。

今回は自分の写真と、今日食べたチキンのチーズ焼きを背景に選んだよ!
CIMG6176

CIMG6178

ここで、画面を見ながら【 】【 】 【 】【 】でキャラクターを貼り付ける位置を調整し、【SET】を押します。

すると、キャラクターと静止画を合成し、貼り付けたキャラクターのみが動く静止画が完成!!!

カメラ上では見れるのですが、これをパソコンで見るためには、公式サイトで動画に変換する必要があるのです。

その方法を次に書きますね。

5:公式サイトで動画に変換する


・公式サイトにアクセスします。
http://www.exilim.com/dp/jp/service/

・撮影した20連射の写真はあらかじめPCに撮りこんでおきます。
すごい数だ・・・。
↓取り込むとこんな感じ。めっちゃ連射してる。sasin


・連射画像のアップロード
下のような画面がまずあらわれるので、20枚の連射画像全てをアップロードします。複数選択可能なので、1枚1枚アップロードしないように!!111

・20枚すべての画像がアップロードされると、確認画面に遷移します。
「動画ファイル作成へ」をクリックしましょう。222

・最後は動画を用途によって色々な形に変換します。
用途は「パソコン」で、フォーマットは「MOV」にしました。
333


これでやっと完成!!!!
デジカメで作成した合成画像がパソコンでも見れるようになりました!

できた合成画像がこれです。
YouTubeにアップロードしてみました。

■「カシオ EXILIM EX-Z400」【ダイナミックフォト機能】その1
【自分の横から気持ち悪い自分の手が出てくる】



■「カシオ EXILIM EX-Z400」【ダイナミックフォト機能】その2
【ありえないくらい大きなチキンが食べたいのだ!!!】



はい、こんなかんじです・・・。
はじめて作った割にはうまくいったのかな・・・。

やりはじめるとおもろくて夜な夜なハマってしまった・・・。
orz

みなさんもぜひ!!!