食べログで見てみると、なんとTOP100に入るお店だ。
なんと、61位。
今までTOP100の味は味わったことがありません・・・。

福砂屋 長崎本店」のカステラです。

CIMG3609

「ポルトガル人直伝」だって!
カステラといえば、「福砂屋」らしいけど、世間知らずのハツは知りませんでした。カステラといえば、文明堂・・・みたいな。

お店の名前は、萄讐阿郎重を扱っていたことから、福州の「董弸重の「砂」が、屋号になったのではないかと考えられているそうです。


本店は長崎。
それ以外にも全国各地に支店があるみたいです。

今回は、長崎総本店のものを頂いてしまいました!
ネットでは購入できません。
直接店舗でしか買えません。

CIMG3610

カステラのほかに、オランダケーキ、手作り最中、などあります。
でもやっぱりカステラですよね。

賞味期限は1週間。
パッケージは黄色で、ポルトガルからやってきました!というような絵が描かれています。
CIMG3611


箱を開けると、ものすごくきれいな色のカステラ。
長崎本店多良見工場、大村工場、東京工場、福岡工場全ての工場では今も尚、ミキサーを使わない職人による熟練の“手わざ”を守り続けているらしい。
相当な力仕事なんだろうなあ。
動画でもカステラ作りのこだわりが見れます。
CIMG3613


いずれも精選吟味した添加物を一切使用しない厳選材料を用いていて、卵にもものすごくこだわっているみたい。
生産から保管管理、季節ごとの色、白身の状態に合った技術などあらゆるき配りをしています。
毎年、菩提寺の正覚寺では、社員全員で卵に感謝する「卵供養」の法要を行なっているというこだわり。

 

そして、水、ミルク、添加物は一切使用してないんだって。


そして、特徴的なのがこの「ザラメ」。
材料を撹拌するときに、ザラメ糖の角をすり減らしながら、生地になじませるという技術によるもので、その一部を沈殿させて残すという手作りならではの方法。
季節や温度の具合によって、ザラメ糖がカステラに溶け込んでしまう場合もありらしく、熟練を要する技術なんだって。

CIMG3624

実際食べてみると、最初は「ふわっ」と。
そして、最後に「しゃり」っと。

カステラって結構すぐ飽きちゃう味なんだけど、これだといくらでもいけちゃう。
素材にこだわっているだけあって、しーーっとり。味も濃厚。

甘さもすっきりしていて、くどくない。
職人技の味を感じれました。

やっぱり東京工場のものとは味がちがうのかな?
試してみたいです。


おいしそうーっておもたらくりっく。( ´∀`)つ
食べログ グルメブログランキング

福砂屋 長崎本店 (ふくさや)